> お金を借りる > 油断したら大やけど!?借金の取り立てには素直に応じるべき理由

油断したら大やけど!?借金の取り立てには素直に応じるべき理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.16

キャッシングを利用するのはよいのですが、残念なことに滞納という形できちんと利用できない人も一定数おられます。それらの人がみんな悪意のある問題児だというわけではありません。たまにはやむを得ない事情で滞納してしまうこともあるでしょう。

ただ、そういう事情があったにせよ滞納には「借金の取り立て」がされると思います。もし借金の取り立てが始まったら、素直に応じることを強く勧めます。油断したら大やけどするかもしれませんよ…。

拍子抜けしやすい借金取り立ての実情

借金取り立てには素直に応じるべき。これって言われてみたら当たり前の話ですよね(笑) そもそも借金取り立てを拒むなんてことを平然とやってのける人は少数派かもしれません。

しかし、キャッシング等を利用していてされる借金の取り立てというのは案外軽く、拍子抜けすることも少なくありません。それが油断を招いてしまうことがあります。よく確認しておいてください。

最近はキャッシング等も簡単に使えるようになっていますからね。特別な事情があるわけではないその辺の一般の方が普通にキャッシングしているケースもよくあるわけです。

だからこそ、滞納しているからといって高圧的で上から目線の取り立てが必ずしもすぐにされるわけではないのです。

滞納に対して最初にやられるのは意外なことに通知や電話連絡くらいであるケースも非常に多く、「なんだ、取り立てってこの程度なんだ!」とちょっとホッとしてしまうことも多いと思うのです。

よくないことをしているという意識はもちろんすべての人がお持ちだとは思うのですが、返したくてもお金がないという状況を前に、高圧的な催促がないのはホッとしてしまうのが人情というものです。それについつい甘え、ズルズルと滞納を続けてしまう危険があります。

甘えていると大やけどに…

借金取り立てが意外なほどに軽いものだったとしたら、「さすがキャッシングだぜ!」と思い、少々の融通は利かせてもらえるものと思い込んでしまうかもしれません。

確かに多少はそういう面もあるかもしれませんが、キャッシングも借金です。借金を滞納することの問題性はキャッシングでもその他のローンでも変わりません。

ズルズル滞納を続けていると本格的な取り立てが始まりますよ。ハッキリ言いますと、最後は裁判沙汰になることがほとんどです。

借金取り立てというと、取り立て人の男たちが何人も自宅に押しかけてきて返済を要求するというイメージが優勢ですが、そんな手間のかかること、現実にされることは少ないのです。

それよりは裁判に持ち込んだ方が早いのです。手間も少ないですし、確実です。お金を貸したのに返してもらえない金融機関側は裁判に持ち込まれて困ることなんて何もないんですからね。司法の手に解決をゆだねた方が効率的なのですね。

裁判という場で人情という曖昧なものがどこまで斟酌されるでしょうか…。何となく甘えで返済を先延ばしにしていた場合、その気持ちはわからなくもありませんが、裁判に持ち込まれて一気に窮地に立たされるのは債務者の方です。注意しましょうね。

キャッシング=借金ということを確認!

言われてみれば以上の話はごく当たり前の話ですし、そもそもキャッシングを利用してもちゃんと返すようにすれば何の問題もない話です。まずは襟を正してきちんと利用することを考えてください。

そしてもし何かの拍子に滞納をすることがあれば、「取り立てってこの程度なんだ!」という油断をしないことです。ぼやぼやしていると引っ込みがつかない状況になり、自分の苦労が激増するだけです。

キャッシングといっても借金なんだということをもう一度確認し、滞納したら即座に返済するように最大限の努力をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加