> お金を借りる > 返済遅延、ひとまずOK!覚えておくべき事実と対応法!

返済遅延、ひとまずOK!覚えておくべき事実と対応法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.28

返済を遅延してしまった!キャッシングを利用する上であってはならないことでありながら、案外多くの人から寄せられるお悩みの声です。

忙しい毎日を送っている人も多いですから、つい返済するのを忘れてしまったということもありえます。一回くらいはそういうミスもやってしまうものですよね。

ですが、実際キャッシングを利用する上でそれはあってはならないこと。実際やってしまったとしたら私達はどうすべきなのでしょう?

短期滞納、実はよくあること?

返済遅延、滞納などと呼ばれますが、これはキャッシングを利用する上で一番のNGだということはまずご理解ください。その上で、滞納してしまったときはどうしたらいいのかを判断しましょう。

厳密には、キャッシングで絶対NGとされるような滞納というのは長期の滞納の方です。一回二回ではなく、もうずっと借金の返済が滞っているというような状態。金融機関が一番嫌い、以後のキャッシング利用すら危ぶまれるのはこういった滞納なのですね。

それに対して、「普段はきちんと利用していて返済用のお金もあって、今回はたまたま忙しくて返済日を忘れていただけ」というケースはそこまで深刻なものでもないという意外な実情もあります。

というのも、返済を一度くらい忘れてしまうというのは誰しもやりそうなミスですよね(笑)。その程度の可愛い滞納ならわりとよくある話であり、金融機関もそれだけで非常に厳しい対応を取ったりはしないことが多いです。

ですから滞納NGを基本として心得つつも、返済日を数日過ぎてしまった程度の短期滞納であればそこまで慌てなくて構いません。すぐに対応すればOKです。

短期滞納における対応とは

ではその短期滞納時の対応とはどんなものになるのでしょう?

これはもう一つしかありません。悪気があったわけではなく、返済用のお金もすぐ用意できる人であれば、すぐに返済することは可能ですよね。ただちに返済を終えてください。返済日を過ぎても返済は可能です。

すぐに返済を終えて滞納期間を短期で食い止め、滞納もこれが初めてであった場合、影響はほとんど残らないと言われています。

もちろん金融機関の方針にもよりますから絶対ではありませんが、一回少し返済を忘れた程度でそこまで厳しい対応は取られないことが多いでしょう。

ですから短期滞納をやってしまったときは落ちついて速やかに返済を終えればよいのです。慌ててパニックになり、滞納期間がいたずらに伸びることがないようにしましょう。

罰則金にはご注意を!

短期滞納であればそれほど影響もないわけですが、唯一短期であっても避けられない影響は返済金に現れます。一日でも返済が遅延した場合、罰則金は発生します。そのため、すぐに返済を終えようとしたとき、普段より多いお金が必要にはなることはご注意ください。

この程度の遅れで…と納得いかない場合もあるかもしれませんが、そこはけじめとして返済が遅れた責任を取らないといけません。これ以上の滞納を防ぐためにも速やかに支払うことをオススメします。

ちなみに、長期滞納者になると自力で返済が難しくなる理由がこの罰則金です。返済期間が増えれば増えるほど雪だるま式に増えていきますので、まだ可愛い額である内に払ってしまいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加