> お金を借りる > 利用は正しくすべき!キャッシング滞納すると陥る大変な事態とは

利用は正しくすべき!キャッシング滞納すると陥る大変な事態とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.12

キャッシングという便利なサービスのことが気になっている人も多いのではないかと思います。お金が借りられるのに、利用は簡単。これほど心をくすぐられるサービスはそうありませんね(笑)

ところで、借りるのはよいとして、返すときに失敗するとどうなるのでしょうか?これも一応借金ですよね?キャッシング滞納するとどうなるのか、キャッシングサービス自体と同じくらい気になるという人も多いのではないかと思います。

滞納すると陥りやすい大変な事態について確認しておきましょう!

滞納すると取り立てが始まる!

キャッシングは非常に利用が簡単になっており、これが借金であるということを忘れそうになりますが、まごうことなき「借金」に他なりません。

ですのでキャッシングを利用しておきながら返済を滞納するというのはご法度。皆さんもご存じだとは思いますが、借金滞納はえてして話がもめますのでやめておいたほうが無難ですよ。

もし滞納したとするとどうなるのでしょうか?滞納初期段階の対応としては、督促状の送付や金融機関からの電話連絡が主になると思います。

最初からそんなに厳しい対応をされるとは限りませんが、「滞納してますよ?早く返してください」ということを伝えられると思います。

最初からかなり厳しい追及を受けるわけではありませんが、優しく言ってくれているうちに返済ができない場合、だんだんと厳しい対応に移行していきます。

督促状や電話連絡の段階で返済がなされなかった場合、取り立て人が自宅までやってくることもありえます。自宅まで金融機関の人がやってきて「お金を返してください」と言われるなんてまるでドラマの中の世界ですが、それを実際に体験することになるのです。

短期の滞納としてされる対応としてはここまでくらいでしょうか。

返済日をうっかり忘れていたり、督促状などが来ても何となく先延ばしにしてしまうことはあるでしょうが、電話連絡や取り立て人の訪問まで来て、それでも払わないというのはあえて無視していると取られかねません。督促状が来た段階で早めに払っておくことを勧めます。

長期滞納に入ると裁判沙汰にも!?

滞納も一か月を過ぎると次第に短期滞納から長期滞納へと扱いが変わっていきます。ここから先が危険という一線が確固としてあるわけではありませんが、滞納は少しでもやらないほうがベターです。

ここまでなら大丈夫だろうという素人判断ではなく、滞納は一日でも早く終わらせるようにしてください。

長期滞納に入ると、最悪の場合は訴えられます。金融機関から訴えられるのです。なぜそんなことに…というのはもう説明の必要もありませんね。

当たり前の話です。お金を返すという約束で貸したのにいつまで経っても返ってこず、催促しても無視される。となれば、裁判に訴えるというのはごく常識的な判断ですよね。

お金があるのに払わなかった人はここで強制的に払わされることになりますし、もしお金がないのであれば差し押さえという形で強制的に返済をさせられる可能性もあります。身ぐるみを剥がれる可能性があるということですね。

一方的に借金を踏み倒しつつある債務者側には、まともに裁判で争って勝ち目があるかはわかりません。気をつけましょう。

借りたお金はきちんと返そう!

キャッシングというサービスを使ったがためにドロドロの裁判沙汰へ…なんてことには誰もなりたくありませんよね。それは金融機関側もそうです。

裁判には時間も労力もかかります。相手にお金がない場合、そこまでしてもお金を回収できるとは限りません。素直に返してほしい…というのが金融機関の本音ですよ。

キャッシングは便利なサービスですが、返せないお金を借りるのはご法度。ちゃんと返せるだけのお金だけ借りるようにしてください。

返せなくなるようなお金は借りず、あくまで健全な範囲で借りるようにしましょう。そうすれば、キャッシングは普通に便利なサービスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加