> お金を借りる > 家でも買える!?知っておきたいキャッシングの特徴と使い方!

家でも買える!?知っておきたいキャッシングの特徴と使い方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.11

キャッシングというサービスは簡単にお金が借りられると言いますよね。お金が借りたいならまずキャッシングへ…というのは最近よく言われることです。

では、「家を買いたいとき」はどうでしょうか?家を買いたいときもお金が必要になるケースです。キャッシングで家を買うということは可能なのでしょうか?

使い道的にはOK!

借金で何かを買えるかどうかを考える時、最初に確認しないといけないことは「資金使途的にOKかどうか」です。意外と見落としがちなことでもありますからしっかり確認してください。

たとえばマイカーローンなら車の購入には使えますが、それ以外のことにお金を回してはいけないわけですね。家を買いたいなら住宅ローンが使えますが、逆に住宅ローンのお金で車を買うなんてことはアウトなわけです。

ではキャッシングはどうでしょう?サービス名からは何に使えるローンなのかわかりませんが、キャッシングの場合はNGである使い道が一つしかありませんので、ほぼ何にでも使っていいサービスになります。

唯一NGなのは「事業資金」としての使い道です。それ以外であれば何に使ってもよいとされています。

つまり、キャッシングで家を買ったって使い道的には何も問題がないということになります。お金が欲しいならキャッシング。家を買いたくてお金が欲しいときもキャッシングは十分に使えるのですね。

本当にやるならコレに注意

ただし、キャッシングで新築の家を買うという話はあまり聞かれません。まずは「利用額」に引っかかることが多いからです。キャッシングは気軽に使えるサービスとして人気ですが、高額キャッシングになると少し難しくなってきます。

もちろん何百万も借りれるキャッシングもあり、気軽に使えるものとしてはかなり善戦している方ですが、さすがに新築の家を買うという場面になるとキャッシングでは力不足であることが多いでしょう。

500万近く借りれたらキャッシングとしてはかなり良い方ですが、新築の家を買うには厳しい額ですね。

自分の返済能力が許すなら、そういうキャッシングを複数契約して何千万ものお金を調達するという方法は可能です。そうすればキャッシングによって新築の家を買うということが可能になるわけですが、少々苦しいのはありますね(笑)

何千万も借りたいのであれば、そのときは住宅ローンの利用を普通にお勧めされると思います。そちらが使えるのであれば素直にそちらを利用してよいのではないでしょうか。

キャッシングで家を買う現実的ケースとは

ただし、家を買うときにはキャッシングは一切出番がないとまではいいません。現実的にキャッシングで家を買えるシーンというのもあるからです。

家の中には中古住宅として数百万程度で売りに出されているものもあるのはご存じでしょうか?そういうものならキャッシング一つで十分に射程範囲です。

下手をすると100万から200万程度で中古住宅を買えることもあるのですから、それならキャッシングでもいけますね。

そういうケースでも住宅ローンを使ってもよいのですが、審査に落ちてしまって使えなかったり、すでにキャッシングを持っていてそちらでやった方が早いと思えるのであれば、キャッシングを使った方がよいかもしれません。

多少限定的ではありますが、キャッシングで家を買うというのも決して夢物語ではないのですね。キャッシングがいかに使い道が広いサービスか、改めて実感できるケースでもあります。キャッシングがいける場面であればキャッシングで家を買うというのもアリですよ?

このエントリーをはてなブックマークに追加