> お金を借りる > 突き詰めるとこれが必要!借入の手続きを簡単に解説!

突き詰めるとこれが必要!借入の手続きを簡単に解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.28

借入に関するサービス、最近はキャッシングなどと言いますが、これを利用するにはどうしたらいいのか、皆さんはご存じですか?使ったことがある人なら当たり前のことでも、そうでない人には未知の領域ですよね。

お金に困ったときに速やかに借入が利用できるよう、借入の手続きについて簡単にご説明しておきましょう。

借入に必要な二つの手続き

借入金を手にするまでに必要になる手続きというのは主に二つあります。この二つを通らないとお金を借りることはできませんのでよく覚えておきましょう。

まず最初に通らないといけないのは「審査」です。ローン系サービスには必ずといってよいほど登場する手続きですね。簡単にいえばお金を借りれるだけの状態にあるかどうかを調べられているのです。

この手続きなしに手当り次第にお金を貸していては、回収できないお金が増え、金融機関が破産してしまいます。お金を借りるときに必ずされる理由もよくわかりますね。

キャッシング希望者から気にされるのはこの「審査」ですが、審査さえ通過できたらお金を借りられるわけではありません。もう一つ、通らなくてはならない手続きがあります。

次に必要なのは「諸手続き」。事務系の手続きが必要なのですね。たとえば身分証などを金融機関に提出しなくてはなりません。審査時に現住所などを申請したと思いますが、それらはあくまで自己申告。

信じないわけではありませんが、それだけで信じられるわけでもありません。それを証明するものを提出しなくてはならず、それができない人にはやはりキャッシングは提供されません。

審査とはどんなもの?

二つの手続きの中で諸手続きについては他のサービスなどでもよくされるものですからおなじみですね。しかし「審査」の方はどうでしょう?

これはキャッシングなどを利用しない限りあまりなじみのないものだと思います。不安を持っている人も多いということからも気になりますね。

審査が「お金を借りられるだけの状態にあるかどうか」を調べているというところまではよいでしょう。常識的に考えてもそれはわかると思いますが、具体的に「お金を借りられる状態」ってどういうものなんでしょう?

もっと具体的に言いますと、お金を借りた後で返せるだけの状態にあるかどうかを調べている手続きになります。つまり継続的収入があるかどうかが重要なわけです。

継続的収入があるのなら、将来返済に回せるお金も十分にあるだろうということで審査を通過できるのですね。というわけで、審査通過には収入が必要。実際のところは「仕事をしているかどうか」ということがよく調べられます。

高額キャッシング時の注意点

キャッシングは少額利用も可能ですが、高額利用も可能です。高額キャッシングをしたいときは審査も諸手続きにも注意があります。

審査の方は単純に「たくさん借りたい」というのですから、自身の収入にもたくさんのものが必要になります。審査通過のハードルが高いということですからお気を付けください。少額キャッシングなら比較的誰でも利用できても、高額になるとしっかり人を選ばれます。

そして諸手続きの方にも注意があります。高額キャッシング希望の場合、身分証に加えて収入証明を出さないといけないことがほとんどです。

身分証に比べると収入証明を常に手元に持っているという人は少ないでしょうから、高額キャッシング希望時は忘れずにご用意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加