> お金を借りる > どうしても審査に落ちるときの借入確認事項!対応法もご紹介!

どうしても審査に落ちるときの借入確認事項!対応法もご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.28

お金に困ったときに何かと便利なのはキャッシングというサービスです。困ったときほどその簡単さがありがたい貸金サービスこそキャッシング。普段はお金を借りたりしないという人も覚えておいて損はありませんよ。

ただ、キャッシングにも審査があります。審査の通過がキャッシング利用に必要な絶対条件。これ抜きでキャッシングができたという例はまず聞かれません。審査に落ちてしまうとさすがのキャッシングでも利用することはできないのです。

一度だけならまだしも、何度もどうしても審査に落ちるという場合、非常に悩ましいですね。そんなときはどうすればいいのか、キャッシングで借入するために確認したいことがありますのでご紹介します。

自分の信用度を振り返ろう

キャッシング審査で見られているのは信用のいく人物かどうかという点です。信用のいく自分かどうかなんてわからないよ…と思いますか?

ご安心ください。キャッシング審査で言うところの信用というのは性格が高潔とか、そういう人間性メインのことではありません。

ハッキリ言いますと、お金を貸した後で返してくれる人かどうかを見られているのです。ちょっと露骨な話ですよね(笑)。ですがこれも仕方ありません。

なにせ相手はこれから自分がお金を貸すかもしれない相手を見定めているのです。その見定めに失敗して下手な人にお金を貸してしまえばそれは損失となる可能性が低くありません。曖昧な審査はできないというのがあちらの本音なのです。

というわけで、キャッシング審査を受けているときほど自分の信用度が露骨になる機会もそうありません(笑)。

この審査を何度も受けて落ちるということは、それは自分がキャッシングの利用に必要なだけの信用度を備えていないと判断せざるをえないかもしれません…。

キャッシング審査の難易度は低め!?

キャッシング審査に落ちるのは単に相性が悪かっただけでは?と思いたくなる人も多いともいます。もちろんその可能性もあります。

たまたまその金融機関との相性がよくなくて審査に落ちてしまうということはありえます。ただ、何度もいろいろな金融機関の審査を受けてそれに全滅するというのは、なにをかいわんやです。

同じところを連続で受けたというパターンなら金融機関を変えることをオススメします。その上でやはり審査に落ちるのであれば、それは相性の良し悪しよりも自分の信用度不足を疑った方がよいでしょう。

といいますのも、キャッシングというサービスは非常に難易度が低いことで有名だからです。他のローンの相場で言えば滑り止めレベルなのがキャッシングです。

もちろんすべてがそうではありませんので、難しそうなキャッシングを選んでいた場合、簡単そうなキャッシングを選んでもう一度審査を受けてみてください。それで受かれば問題解決ですが、そうでないならやはり信用度不足の疑いが強いですね…。

原因を解決しよう!わからないなら誰かに相談を!

信用度が低くなる条件というと、典型例は仕事をしていないとか、他に多額の借金があるとかそういうものです。新しく借金を組む上でマイナスになる条件があるのならそれを解決しましょう。そうすれば信用度も高くなり、審査に受かるようになる可能性があります。

ただ、どうも心当たりがないということもありますよね。そういうときはどうすべきでしょうか?自分一人で考えても原因がわからないのなら誰かに相談すべきです。

自分では特に気にしていなかったことでも傍目には問題であることもよくあります。金融機関側に落ちた理由を聞いてみてもよいですし、教えてもらえなければ周囲の知り合いに聞いてみましょう。

それらしい原因がわかれば後は改善するだけです。その問題に対応した後、審査にチャレンジしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加