> お金を借りる > お金必要な無職、借入のためにも急いで就職すべき!?

お金必要な無職、借入のためにも急いで就職すべき!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.29

無職者は収入が途絶えているわけですから、何かとお金が必要になる現代社会で生きているとお金が足りなくて困るシーンも多いでしょう。

お金に困るときにはキャッシングというサービスがあり、働いている社会人の多くから利用されていますが、お金必要な無職者も同じようにキャッシングサービスを使えるのでしょうか?

まずは就職が必要!

無職者とキャッシングサービス、相性の良し悪しはどう思いますか?「向いてないんじゃないの?」と思った皆さん、正解です。お金を借りた後は返さなくてはなりません。

将来性はわからないとしても、出世払いを見込んでキャッシングを提供してもらえることはまずありません。キャッシングを利用するためには今現在のところでそれなりの年収、勤続実績を示さないことには信用してもらえないのです。

というわけで、無職者がキャッシングにありつくためにはまず就職することが必要です。就職し、ある程度収入と勤続実績を作ればキャッシング審査は俄然簡単になりますよ。だいたい1年程度勤めることができれば安全圏です。

仕事ですが、別に正社員でなくても構いません。生活ができる程度の収入が得られるのならアルバイトでもまったく構いません。アルバイトでもやっていれば最低限のキャッシングへの道が開けますので考えてみてはどうでしょう?

とにかく急いで就職すべきケース

お金を必要としている理由が単純に「生活費が足りなくなった」というものであるのなら、就職し、ある程度の実績を作ってキャッシングへ、という道のりをマイペースに進んでもらっていいのですが、ときには大至急就職し、収入を得るまでのところにはいきたいケースもあります。

すでに今、キャッシング利用を抱えたままの無職者です。在職中にキャッシングし、その後失業してしまった場合、収入はないのにキャッシングの利用分はあるという状態になっているわけですね。この状態、非常に危険な状態であるのはわかるでしょうか?

キャッシングを利用した後で無職になったからといって返済を待ってもらえることはありません。在職中と同じように変わらず返済を続ける必要があります。返済日が迫っているのにお金がないということもあるでしょう。

ここは借金を無事返しきれるかどうかの分かれ道です。アルバイトでもいいので速やかに就職し、リボ払い等を活用しながらなんとか滞納だけは避ければ、やがては完済に漕ぎつけます。

就職し、他に借金もないとくれば、その頃には問題なくキャッシングを利用できるようになっているでしょう。

これが無職時に対応を誤り、長期滞納をやってしまうと損害金で借入額が膨れ上がり、完済までへの道のりが遠のきます。その上長期滞納というマイナス履歴まで残ってしまい、完済した後もキャッシングを使えなくなってしまいます。まさに踏んだり蹴ったりというわけですね…。

キャッシングできる条件は死守しよう!

難しい時代を迎え、誰しもが無職になる可能性はあります。長い人生、ときには無職になってしまうこともあるでしょう。それは仕方のないことです。たまに無職になったからといってそれほど落ち込む必要はありません。

ですが、その「一時だけの無職時代」が原因で後々の人生に禍根を残すのは好ましくありません。先に挙げた「キャッシング利用がある状態で無職になった」という例のことを思い出してください。

考えたくない事態ですが、こういうこともあり得る時代です。このときのことが原因で社会復帰を果たした後も当分キャッシングが使えなくなるのはつまらないですよね。

長い目で見て損をしないよう、無職になったとしても将来的にはキャッシングが使えるように、上手に立ち回りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加