> お金を借りる > ローンの活用がカギ!車購入したい契約社員の上手な立ち回りとは

ローンの活用がカギ!車購入したい契約社員の上手な立ち回りとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.18

車を購入したいとき、お金は大丈夫ですか?お金が足りないという人も多いでしょう。それも無理はありません。だって車って高いですからね(笑)

そして車は急に必要になるものでもあります。通勤用に必要になることもありますから、仕事のためにもどうしても買いたいと思うこともあるでしょう。

しかし契約社員というような立場にあるときはどうしたらよいでしょうか?正社員のように待っていればボーナスが出るということもありません。

お金に困りやすいこのような立場で車が欲しくなったときどうしたらいいのか、一つ上手な立ち回り方法を教えましょう。

ローンが便利!

正社員と違ってボーナスや福利厚生が少ない契約社員という立場だと、車のような高い買い物をするときには苦戦しやすいのが実情です。

そんなときに貯金だけで買うという正攻法では車が欲しいタイミングに間に合わないということもあるのではないでしょうか。そんなときはローンが便利!ローンを使うということを知っておくとよいですよ。

ローンを組めばとりあえず車を購入できるだけのお金は借りられることが多いです。コレが重要ですよね!

借金でモノを買うのは嫌いだという人もおられますが、車のように仕事の通勤などにも使えるアイテムはできるだけ早めに買っておき、借りたお金は後々の返済で終わらせるというのも悪くありません。

車があればできることが増えますからね。遠くの職場に異動になって働けなくなるくらいなら、車をローンで買って働き続けた方がお得だと思いませんか?

考え方は人それぞれですが、少なくともローンを活用することで車を買うこともできるということは覚えておいて損はないことです。

契約社員でローンは組める?

経済力に若干の不安もある契約社員という立場ですが、この立場でローンを組むことはできるのでしょうか?いくらローンが便利といっても審査で落とされていては意味がありませんよね。

契約社員が審査に有利なのか不利なのか。正社員に比べると若干立場が劣るだけに不安になる人もおられるでしょう。

審査の傾向について見てみると、やはり正社員に比べると少し注意が必要にはなります。年収も低くなりがちで、ボーナスもありませんからね。経済力を不安視されることはあります。

しかし、契約社員といってもフルタイムで毎日忙しく働いている人も多いと思います。収入が正社員より低いといってもその辺のアルバイトよりは高いことが多いですよね。

社会保険程度なら完備されていることは多いですし、基本的な生活なら問題ないことも多いのではないでしょうか。

正社員ほど太鼓判は押せないのですが、十分に審査を通過できる見込みはありますよ。マイカーローンなど車購入用のローンもたくさんありますので申し込んでみることを勧めます!

マイカーローンに落ちてしまったら

車を購入するためにマイカーローンに申し込んだら落ちてしまった。正社員でも落ちる人は落ちますから、何かの条件が災いして落ちてしまうこともあります。そんなときは車の購入は諦めるべきでしょうか。

それも一つの手ですが、「どうしても車が必要!」という切羽詰った状況にある人のためにもう一つ方法を教えておきます!

マイカーローンより金利が高くなるため、状況に応じて慎重に使ってもらいたいのですが、カードローンといったサービスもあります。このお金を車の購入に使っても構いませんで、最悪の場合はカードローンで車を買うという手もあります。

返済は少し厳しいことになりますが、それよりも車の購入が先だ!というときは柔軟に利用を考えてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加