> お金を借りる > 転職前の準備にも使える!カードローンのお勧め利用法!

転職前の準備にも使える!カードローンのお勧め利用法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.14

転職するにあたっていろいろ身辺整理とか、ありますよね。一度話が動き出すとバタバタしますから、できる準備は転職前にやっておきたいものです。そんな転職前の準備としてカードローンというものを作っておいてはどうでしょう?わりとお勧めですよ。

転職前後は慌ただしい!

転職を経験された方はよくわかると思いますが、転職前後ってものすごく生活がバタバタしますよね。

仕事も人間関係も一新されるこの期間はやらないといけないことも多いですし、一つ一つのことが慣れないことばかりで神経をすり減らされるということもあります。心も体も落ち着かない時期です。

そんな時期ですから、お金の面でも苦労することがあるでしょう。新しい環境に慣れる大事な期間にヘンにケチケチするのもつまらないですが、かといってお金がなくてはどうしようもありません。お金がなかったばっかりに窮屈な思いをするのもいやですよね。

そういうときに便利なのがカードローンです。別に作ったからといって使わないといけないということはありませんし、とりあえず作っておいてはどうでしょうか?

転職前後のバタバタでどうしてもお金が苦しい…!ということがあれば使えばいいのです。忙しい期間を乗り切るのに便利ですよ。

転職直後は作りにくくなる!?

まあ必要があれば転職後に作ったっていいし。そう思っている人はおられませんか。必要に応じて作るというのももちろんありなのですが、できれば転職直後のローン利用は転職前に利用資格を作っておくことを勧めます。

これはちょっとしたテクニックなのですが、ローン審査を受けるにあたって、できれば自分の状態が万全のときを狙うのが賢いのです。

なぜそのテクニックが「転職前にカードローンを作っておくこと」につながるのかを説明しておきましょう。転職直後はその職場での勤続年数が短くなるため、審査の通過が難しくなることがあります。

前の職場の勤続年数が長ければ多少は見栄えもするのですが、できれば転職して職場が変わってから申請するより、すでにいくらかの勤続年数が溜まっている状態のときに申請をした方が有利です。

つまり自分の身辺環境が大きく変わった直後にローン申請をすると信用を得るのがちょっと難しくなることがあるということですね。

差し障りがないのであれば、そうなる前にカードローンを作るだけ作っておいた方が話が早いだろうということなのです。

忙しくても上手に使おう

転職前に上手にカードローンを作っておけば、後はそれを無理のない範囲で使うだけです。忙しいときにも使えて便利ですが、借入額が不当に大きくならないようには注意してください。

あと、転職したら申請が必要ということもあります。規約にそういうものがあれば、転職後、改めて勤め先を申請し直さなくてはなりません。

こちらについてもどうなのか確認しておきましょう。再申告が必要な場合、転職後、適当なタイミングで再申告をしておいてください。

転職前後はいろいろとバタバタすることが多く、あれこれ気を回さないといけなくて面倒と思えるかもしれませんが、コツさえ押さえればカードローンをうまく活用できます。上手に使ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加