> お金を借りる > カードローン払えない場合、次に取るべき対応はこれだ!

カードローン払えない場合、次に取るべき対応はこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.19

カードローンは気軽に利用をスタートできますが、その利用はすべからく借金であるということを忘れてはなりません。カードローンの返済ができないというのはちょっと笑いごとではないのです。

カードローン払えない場合はどうしたらよいのでしょうか?そこまで考えていなかったという人は、次に取るべき対応をお教えしますのでよく見てみてください。

滞納について知ろう!

カードローン払えないという状況は、借金滞納以外の何物でもないので注意してください。短期滞納であればそこまで問題はないものの、滞納は滞納です。至急返済をやってしまうことを強く勧めます。

借金滞納とはどういう行為でしょうか。借りたお金を返さないという行為は著しく自分の信用を失くす行為です。カードローンはかなり気軽に使えるとはいえ、これも借金の一つ。

信用があって初めて使わせてもらえるものです。では滞納によって信用を失ったとしたら?残念なことにカードローンの利用を打ち切られることがあります。

ただし、滞納といっても二種類のものがあります。短期滞納と長期滞納です。短期滞納もよいことではありませんが、ここで食い止めれば完全なる信用の失墜は避けられることが多いです。何度もやっているとやはり信用を失ってしまいますが…。

影響が大きいのは長期滞納です。こちらは完全に信用を失墜することにつながりやすく、カードローンはおろかその他すべてのローンが利用できなくなってしまいかねません。長期滞納だけは避けることを勧めます。

どうしても払えそうにないときは

短期滞納ならセーフ、長期滞納ならアウト。乱暴に言えばこういうことになります。だからといって短期滞納もしないに越したことはありませんから、重ねて確認しておいてくださいね。

短期滞納でも避ける努力をやり、それでも滞納を避けられそうになかったら、ひとまず短期滞納には目をつむり、長期滞納だけは避けるようにしましょう。

短期滞納までなら最悪の場合はセーフとするのもアリですが、長期滞納だけはお勧めしません。後々まで悪影響が強く残りますから、なにがなんでも長期滞納は避けましょう。

ちなみにどこからが長期滞納なのかという話ですが、3カ月以上とよく言われます。ですが滞納は1カ月以内に納めた方が安全です。可能な限り早く返せるように頑張ってみてください。

滞納を短期で食い止めるコツ

カードローン払えないかも…と思ったら、とにかくカードローンの新規利用をいったん中止することです。カードローンは利用者が好きなときに使えるサービスであるため、自分が利用を止めようと決意すればいつでも新規利用を一時ストップできます。

こういう柔軟性がカードローンの魅力なのですね。自分が使い道を間違えたら返済が苦しくなるという痛しかゆしなところがありますが、早め早めに慎重に対応していけばそこまでひどいことにはなりません。

ヤバイと思ったら早めに新規利用をストップし、返済に専念しましょう。そうすれば滞納状態に入ってしまったとしても短期でそれを食い止めることが容易になります。

気軽に使えるカードローンはいいサービスですが、あわせてこういう対応を知っておけばもっと安心して使えるということを覚えておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加