> お金を借りる > 利用目的は聞かれるか?カードローン手続き、オススメの方法!

利用目的は聞かれるか?カードローン手続き、オススメの方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.07

簡単だというのでぜひ自分もカードローンを使ってみたいと思っている人は多いかと思うのですが、「利用目的は聞かれるかどうか」という点は気になりますよね?

簡単に契約できるということを思えば聞かれないようにも思いますが、でもキャッシングに関するサービスでそれを聞かれないなんてことがありうるのか…。お悩みはもっともですが、あまり悩まずに利用を考えたいのがカードローンですよ?

利用目的については心配不要!

カードローンを利用するとき、その利用目的は聞かれるのかどうか。ローンの審査の項目の一つとして聞かれそうにも思えます。

聞かれるかどうか気になるところですが、聞かれるかもしれないし、聞かれないかもしれないというところです。なんじゃそりゃという答えですが、つまりはどっちでもそんなに影響はないということ。

悩まなくても大丈夫ですよ。聞かれたら答え、聞かれなかったらわざわざ自分から申告する必要はないということです。

仮に聞かれたとしても、カードローンの審査や手続きは簡単な部類であるのは間違いありません。よほどNGな答えをしない限り、利用目的が原因で審査に落とされるなんてことは考えにくいところがあります。あまり悩まずにとりあえず申請してみましょう。

カードローンの利用目的で避けた方がよいもの

カードローンの利用目的は大半のものがOKということですが、逆に言えばそれは一部NGなものがあるということ。何も気にしなくてもだいたいはOKですが、一応は確認しておきましょうか。

カードローンの利用目的で唯一注意が必要なものがあります。唯一のNGは事業資金です。これについてはハッキリと「NGである」と金融機関が公式にアナウンスしています。

事業資金を借りたいというようなことを言うと、カードローンの利用は不適切とされ、利用をお断りされることになるでしょう。

この点には注意が必要ですが、しかしすでにカードローンを利用している人でも知らなかったという人が多いのではないでしょうか(笑) 自分で事業をやっているような人でなければこの地雷を踏むことはないと思います。

事業資金を借りたいならビジネスローンというものもありますし、わざわざカードローンにこだわる必要もありませんからね。事業資金を借りたかったという人でない限り、特にショックもないでしょう。

そちらよりもちょっと注意が必要なのが、ギャンブルといった目的です。サービス側は明記していませんが、そういう答えを言うと少し不安視され、審査に落とされることがあります。

ギャンブルのために借りるというのは少し問題がある面もありますから、その利用がいいことかどうかはよくお考えの上でご利用ください。

利用目的を聞かれたときの答え方

事業資金やギャンブル費用という答えを言わない限り基本的には問題ないのですが、もし利用目的を聞かれたらどうしたらいいの!?と不安になる人もおられるでしょうか。そんなときのオススメの答え方も簡単にお教えしておきましょう。

まず確認したいのはカードローンの利用目的でNGなものはほとんどないという事実。よほど下手なことを答えない限りは問題ありません。

そして同時に、自分がお金を使う目的を事細かに説明する必要もありません。簡単に答えておき、その上でなお突っ込まれるようであれば追加で答えるということをやってみてください。

たとえば、電気代○万円が払えなくて困っているからカードローンを使いたいと思うとき、利用目的を聞かれて「電気代○万円が足りないから」とまで答える必要は必ずしもありません。

追加で聞かれれば答えればよいだけですから、最初は「生活費のため」といったざっくりとした答えで構わないのです。

利用目的は大まかに答えればOKというわけですね。ただし、嘘は言わないようにした方がよいでしょう。特に事業資金やギャンブルなど、サービス側があまり歓迎しない目的のお金を借りたいときに「生活費のため」といった嘘で借りるのはNGです。ここだけはご注意を。

このエントリーをはてなブックマークに追加