> お金を借りる > カードローン返した分だけ借りれる!この特徴を活かした利用法

カードローン返した分だけ借りれる!この特徴を活かした利用法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.27

お金がなくて困っている社会人の人も多いですよね。そういう人にはカードローンの利用を勧めておきましょう。

お給料が上がればお金の悩みも解決でしょうが、そう簡単に給料が上がる時代ではありません。足りないお金はテクニックによって一時的に補うということも必要です。

でも借金を利用して大丈夫なの?という意見もありますよね。むろん注意は必要ですが、カードローンなら比較的多くの人にオススメできます。その理由をご紹介します!

限度額までに限った利用

カードローンの仕組みを紹介すると、サービス側からカードを渡されますので、そのカードを使って利用者が自分でキャッシングする形になります。

お金を借りるためにいちいち金融機関の人間に会わないといけないことはありませんし、コンビニATMでもカードは使えますからその金融機関に出向く必要もありません。非常に手間が要りません。

ずいぶん利用者に有利な仕組みのようですが、ミソは「限度額までの利用」という点。当然限度額という一線が引かれており、そこまでしかカードローンは利用できません。

限度額は本人の収入などによって決まります。収入などによって決められる一線よりも低いものなら本人の希望を優先してもらえるでしょう。

限度額までしか使えないのですから、むやみに借り過ぎてしまって困るということもありません。

限度額はストッパーとしても使える!

以上の条件はカードローンを利用する上でストッパーとして使えるということに気づいたでしょうか?

カードローンというのは限度額までなら何度でも借りれますが、限度額を越えるお金は決して借りられません。ということは、意志が弱い人でも限度額以上のお金を借りてしまう危険はないわけです。

もし誘惑に負け、限度額一杯まですぐに借りてしまったとしたらどうなるのでしょう?限度額までだったらATMから簡単に借りれてしまいますが、それ以上はどう頑張っても借りれませんので逆に安心ですね。

限度額一杯まで借りたカードローンでまた借りるためにはどうすればよいのでしょう?そのためにはいったん返済を挟まないといけません。カードローン返した分だけ借りれる、逆に言えばカードローンの返済をしないと借りれないのです。

限度額がストッパーになってくれるのはこういうワケです。

意志が弱いと思うならこうしよう

どうしてもお金のやりくりが苦手な人というのはおられますので、そういう人でもカードローンをうまく利用する方法を一つご紹介します。先に挙げた限度額をストッパーとして最大限活用する方法です。

意志が弱くてどうしても使えるだけのお金をすぐ使ってしまうという人は、限度額をなるべく低めに設定しておきましょう。

自分の収入などから選べる限度額の中で低めのものを選ぶ限りにおいては自分の希望を優先してもらえます。30万借りれるとしても10万程度でやめておいてはどうでしょう?

そうしますと自分の返済能力から見てかなり余裕のあるところでストッパーがかかりますので、誘惑に流されてしまっても返済不能に陥るという可能性は低くできますね。

カードローンは使いたいけど自分の意志だけでこれを使いこなせるとは思えない。そう思うならこういう方法を使ってカードローンを活用しましょう。逆に、こういう使い方が可能であるカードローンは悪くないサービスだと言えますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加