> お金を借りる > カードローン誰でも使える?一度は利用を検討したい特徴

カードローン誰でも使える?一度は利用を検討したい特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.27

お金を借りたいと思ってサービスを調べてみたら実に多くの選択肢があることがわかります。できるだけお得なものにしたいけどどれがいいのかわからない。お金がなくて困ってもいるわけだし、あまり時間もかけられない。困っている人もおられますよね。

お金を借りたいと少しでも思うならカードローンの利用をまず検討してみてはどうでしょうか?とても多くの人にオススメされるサービスです。

カードローンが持つ良い評判

カードローンのことをまだ知らないという人はネットで調べてみてはどうでしょう?いろいろ便利な特徴がわかると思います。

よく言われるのは「好きなときに借りれる」という点。お金を借りるときには審査などを受け、合格したら手続きして、その後ようやく振り込まれるといった形が一般的ですが、カードローンはそうではありません。

カードローンの利用を開始するまでのところは一緒ですが、利用が開始されたら後は自分で好きに借りてよいのです。カードを使い、ATMから借入手続きをします。

手続きといってもATMの画面操作くらいのものですが(笑)。いちいち金融機関に行って手続きをしなくていいというのは非常に有利な点です。

そしてそんなありがたい特徴を備えていながら「誰でも使える」とよく言われます。カードローンがキャッシング系サービスであること、これだけ便利な特徴を持っていることを思えば誰でも使えるとは信じがたいものですが、実際はどうなのでしょう?

カードローン誰でも使えるの?

カードローン誰でも使えるのかどうか、これは少し調べてみたらわかることだと思います。カードローンの審査を受けたけど落ちてしまった…という口コミなどはいくらか見つけられるでしょう。

こういうものを一つでも見つけられたら、つまりはカードローンは誰でも使えるものではないということ。残念ながら「誰でも使える」というのはさすがに話が大きくなっていますね(笑)。

ただ、まったく根も葉もない話だというわけでもありません。なぜ「誰でも使える」などと言われるのかというと、審査が非常に簡単でハードルが低いからです。

誰でも使えるというのはさすがに言い過ぎですが、他のローン審査に比べればはるかに誰でも使えると言ってよい状態になっているのは間違いありません。

カードローンの審査に落ちてしまった人というのはたいていマイナスになる他の条件などがあるものです。定職をもっていない、他に借金がある、過去に滞納歴がある…などなど。

こういった条件があるとさすがにカードローンの利用も難しくなってきますが、それ以外の人ならほとんど誰でも使えるサービスです。パートやアルバイトでも可能性がありますので考えてみたいものです。

単発・継続、利用方法も自分で決めてOK

カードローンは継続的に使えるものですからそういう人向きかといえばそうでもありません。別にカードローンを単発利用で使ってもまったく問題はないのです。単発でしか必要としていないからといってカードローンを選択肢から外すのはもったいないですよ!

単発で利用した後、便利だから継続的に利用しようと方針を変えても構いません。いつか使うかもしれないからとりあえず解約せずに持っておこうというのもアリです。こういう汎用性の高さがカードローンの魅力なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加