> お金を借りる > 仕事なしでカードローン使えるケースと押さえるべき注意

仕事なしでカードローン使えるケースと押さえるべき注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.02

仕事をしていないとき、お金にはまもなく困ることになるでしょう。時間だけはあり余っていてもお金だけはどうにもなりません。質素な暮らしを心がけたとしても、収入がないのでは先細りになるのが目に見えています。

そんなとき、仕事なしでもカードローンを使いたいなと感じる人も多いと思うのですが、これについていくつか注意しておきましょう。

仕事なしでもカードローン!?

実は、仕事をしていなくてもカードローンを使える可能性はあります。もちろん仕事なしでカードローン審査を受けるなんてふざけているとしか思われないと思いますが…。

仕事なしの状態で初めてカードローンを作るのではなく、すでにカードローンを持っている状態なら仕事がなくてもカードローンを使える可能性がありますね。

カードローンというサービスの利点とは、一度カードローンを作っておけばお金を借りるときに審査を受けなくてもいいという点です。

つまり在職中にカードローンを作っておいてその後に無職になれば、無職でもカードローンでお金を借りられる可能性があるということ。無職であるということが必ずしもお金を借りるときにばれるとは限らないのですね。

これを利点と言っていてはカードローンを悪用していると言われかねませんのでやらないでいただきたいのですが、少なくともカードローンの特徴的にはそういうことができてしまうという点は事実なのです。それ自体は非常に優れた特徴です。

できてもやらないのが大人のマナー

可能性だけでいえば仕事なしでもお金が借りられてしまうカードローンというサービス。素晴らしいことだと思いますか?もちろんそれ自体は優れた特徴であるのは事実ですが、無職でその可能性を追求すると「悪用した」と言われかねないのはもうわかりましたね。

そう、カードローン審査で受かるはずがないような状態の人がカードローンを使うのはマナー違反。在職中にカードローンを作り、その後無職になってしこたまキャッシングするというのは非常によくない使い方です。

狙ってやったなら悪意があったと判断されることもありますので興味半分でやるのも控えてください。そして狙ってやったわけではなく、カードローンを作った後に本当に偶然無職になってしまい、お金に困ってしまうこともあると思います。

そちらの場合大変悩ましいことと思いますが、やはりカードローンの利用は控えておきましょう。カードローンは仕事をしている人が利用すべきサービスであるという点はご確認を。たとえ使えたとしても無職では利用を控えるのが大人のマナーですよ。

アルバイトがあればカードローンもOK!

無職者がカードローンの利用を控えるべきなのは、たとえ使えたとしても後で自分が困ることになるからです。

カードローン契約後に無職になり、無職状態でカードローンが使えたとしても、それで借りた分の返済を待ってもらえるということは決してありません。無職だろうと自分が利用した分はきっちり利子をつけて返さないといけないのです。

仕事なしでカードローンを使っても、後で自分が苦労するだけということがわかりますね。「てへ!」で誤魔化せることはありませんのでご注意を。ただ、こういうカードローンの特徴は柔軟な使い方できるのは事実です。

たとえカードローン契約後に無職になったとしても、その後、すぐにアルバイトを始めればよいのです。少しでも収入があるなら返済の可能性もありますね。それなら利用額には気をつけつつ、カードローンを変わらず利用できる可能性が出てきます。

アルバイトを一から始めた場合、勤続年数がそれなりにたまるまでカードローンが作れないこともありますが、すでに作っているのなら一か月働いて自分が今後も働いていけると思うのならすぐにカードローンの利用に入っても問題ないこともあるでしょう。

こういう柔軟な使い方ができる点で、やはりカードローンは便利ですね。ただ、職業が変わったら利用額には注意すること、そしてカードローン会社に転職の申し出などが必要な場合もありますので注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加