> お金を借りる > 毎日1000円でもやりたい!カードローン繰り上げ返済活用法!

毎日1000円でもやりたい!カードローン繰り上げ返済活用法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.09

カードローンを使っている人は、その便利さを実感していることと思います。しかしただ何となくカードローンを使っているだけではその便利さが実感できないかもしれません。

やるかやらないかはさておき、カードローンをうまく使いこなす上級テクニックについて知るだけは知っておきましょう。カードローンの利用は繰り上げ返済がとてもお得なのです。少しでもやりたい方法です。

毎日1000円でも違う繰り上げ返済!

繰り上げ返済がなぜお得なのかというと、これから発生する利子の額を減らすことができるからです。利子は今の利用額に応じて発生するものですよね。

だったら利子について計算するそのタイミングまでに少しでも利用額を落としておけば、発生する利子が減るのは道理です。

これから発生する利子が減るということは、完済までに必要なお金が減るということ。単に返済するタイミングを調整するだけで完済に必要なお金を減らすことができるのです。やらないわけにはいかないのではないでしょうか?

発生する利子が減るという見えない利点を差し置いても、自分が利用している額が目に見えて減っていくというのはよいものです。早め早めに返していけば不測の事態が起きても対処が容易になりますし、いい事尽くしですね。

問題は、わかっていてもなかなかできないという点(笑) 早めに返したいと思いつつも、なかなか実行は難しいですよね。しかし1000円だけならどうでしょう?毎日たった1000円だけでもやれば、月に3万近い繰り上げ返済が可能です。

繰り上げ返済が苦手だと思うなら、ガバッと返すのではなくコツコツと少額を返していくようにしてみましょう。

定期返済には注意!

繰り上げ返済をやるときには定期返済についても忘れないようにしましょう。一括で返しきれるのではない限り、毎月一定額を返していくような形で支払いを続けていくことになると思います。

その場合、毎月決まった日に一定額を返さなくてはならないことが多いと思うのですが、その返済分は絶対にやらないといけないことを覚えておきましょう。

繰り上げ返済でコツコツ返していても、定期返済日が来たら所定の額をやはり返さないといけないことがあるわけです。繰り上げ返済に夢中になるあまり、定期返済分のお金を忘れていたということがないように気をつけましょう。

繰り上げ返済は任意ですが、定期返済は強制です。これを忘れると滞納扱いになる危険もありますから、必ず忘れないようにしてください。

ATM手数料に注意を!

カードローンはATMから使う場面も多いと思います。ATMを使えば繰り上げ返済も簡単だと思うのですが、ATM手数料がかからないかということには注意してください。

カードローンとATMはセットで覚えておきたいくらいの組み合わせですが、ATM手数料がかかるケースは意外とあります。ATMを通してカードローンの何かをやるのであれば一律でかかる場合、繰り上げ返済でも手数料がかかる可能性がありますね。

その場合、繰り上げ返済はなるべく一度にやってしまった方がお得ということになります。10回やれば手数料も10回分かかってしまいますので、10回分のお金を1回の操作で振りこんだ方がお得ですね。

毎日1000円を本当にATMで返していってもいいのですが、その場合は手数料分が損ですので、毎日1000円を返済用の貯金箱にでも入れておき、一定額が貯まったら返済するというような形でやることを勧めます。

なんなら定期返済分とあわせて定期返済日に返済するのもアリですから、その辺りは上手に判断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加