> お金を借りる > 安心して利用ができる!カードローン終わる数少ないケースとは

安心して利用ができる!カードローン終わる数少ないケースとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.20

カードローンって一度契約すると驚くほど簡単にお金が借りられるようになりますよね!人気が出るのも頷けるサービスです!

使い始めると本当に自由にいつでもお金が借りられるようになりますが、このカードローンっていつかはサービスが終了したりするんでしょうか?カードローン終わるときがあるなら事前に知っておきたいですよね。

それをご紹介しますのでぜひ確認してください!そうすればより安心してサービスを利用できますよ。

自分から解約すれば当然終了

カードローンが終了するケースとして代表的なのは、自分からカードローンを解約するケースです。

カードローンの特徴は継続的にお金を借りられる状態を維持できることです。カードローンに終わりがあるのか気になるのもこの継続性ゆえでしょう。放っておけば一生お金を借りられるような気すらしてきます。

しかし逆に気になりませんか?カードローンをもういらないと思ったらこれを手放すことはできるんでしょうか?継続性があるのはよいとしても、もういらないと思ったのにいつまでもカードローンの利用がついて回るのもちょっと微妙かもしれませんね。

そう思ったとしても安心してください。もちろんカードローンは解約可能です!

継続的に借りられるとはいえ、自分が「カードローンもういりません」と申請すればカードローンサービス終了となります。解約手続きに入り、専用ローンカードなども返却して終了となることが多いでしょう。

契約期間は一応決まっているが…?

では自分から解約を申し出ないケースを考えてみましょう。自分から「利用止めます」と言い出さない場合、カードローンはいつまでも利用できるのでしょうか?

このとき注意したいのは、カードローンは契約期間が一応決まっているということです。その期間を過ぎるとカードローンの契約はいったん終了となるケースもあります。

こういう形になっているものがほとんどですから、カードローンを一度契約すれば一生お金が借りられるとは限らないのですね。

ちなみに自分から解約を言い出さなくても、契約期間の間、一回も利用がなかった場合、契約期間満了を持って終了となるケースもあります。解約を言い出さなくても適当なところで契約が切れるかもしれないということは知っておいてください。

ではもし利用があったとしたら?そのときは期間満了でサービスが終わるのは困ると思えることもありますよね?ご安心ください!カードローンの契約期間は自動更新という形が取られていることも多いです。

ちゃんと利用がある利用者の場合、契約期間が満了したら自動的にカードローンの契約が更新され、また次の契約期間に自動的に入るような仕組みになっていることが多いのです。

自分から解約しなければずっと使える!?

つまりちゃんとカードローンを使っている人にとって、これは解約を申し出ない限りずっと使えるサービスと感じられることが多いかもしれません。カードローンの継続性、ここに極まれりという感じですね(笑)

利用者の体感レベルだけでなく、カードローンというのはそういうサービスだと簡単に思ってもらって構いません。利用に不備がない場合、よほどの事情がない限りは利用を打ち切られたりしません。

利用を打ち切られるとしたら、たとえば滞納をやってしまったとかそういう事情です。せっかくのサービスですから、途中でカードローンを失ったりしないように上手に使いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加