> お金を借りる > 気軽に使える理由の一つ!カードローン利用目的の制限とは

気軽に使える理由の一つ!カードローン利用目的の制限とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.12

最近、お金を借りるときはカードローンが簡単に使えて便利だとよく言われます。簡単に借りれるのなら使いたいと思う人も多いと思いますが、カードローンを利用する上で利用目的に制限はあるのでしょうか?

ローンにはお金の使い道に制限があることが多いですよね。カードローンという名前からはいまいち使い道について想像がつかない、その利用目的についてご紹介します。

日常生活のあらゆる費用に活躍!

カードローンの利用目的ですが、実はそれほど難しく考える必要はありません。もちろんカードローンにも守るべき利用目的があるのですが、たいていの利用目的がOKになっていますので、特別意識しないといけない使い道はそれほどないのです。

注意しないといけない利用目的というのは事業目的です。事業目的にお金を借りるというのはありがちな話ですが、カードローンに限ってはそれはNGとされる使い道です。

どのカードローンでも、ほぼすべての使い道についてOKとしつつも、事業資金だけはNGとされていることが多いでしょう。

カードローンを使う上では事業資金だけがNGとよく覚えておきましょう。自分がこれからやろうとしているお金の使い道が、事業資金に引っかからないかどうか。それだけを注意しておけば、利用目的で気にすることは他にないのです。

身近な名目のために使ってOK

なんでもいいと言われると、逆に困ってしまうこともありますよね(笑) カードローンを使うにあたってどういう使い道がOKなのか。いくつか具体例を挙げましょうか。

まずよくあるのが「飲み会代」です。社会人になると仕事関係の飲みがあることも多いですよね。取引先との飲みでどうしても行かないといけないのにお金がない。そんなピンチをカードローンは軽々と解決してくれます。

他には、「給料日前の生活費」です。他人にはちょっと言いづらいけど、実は遊びすぎてお金を使いこんでしまったというとき、カードローンを使えば簡単に生活費を調達できます。

一時的な金欠なら給料日まで借りていて、給料日がきたらその日のうちに返すという使い方も可能です。こういう臨機応変性がカードローンの魅力なのですね。

以上のような使い方がよくありますが、別にこれ以外でも構いません。単に新しいゲームが欲しいからとか、デート費用が欲しいとか、そんな生活感に溢れる目的のために利用して構いません。

事業資金以外の目的でお金が欲しいと思うなら、遠慮なくカードローンを使ってみましょう。

カードローンはどこにでもある!?

最後に、カードローンがどこで利用できるのかということもご紹介しておきましょう。

カードローンは近頃はすっかり一般的になったサービスで、特にここでないと利用できないということはありません。大抵の金融機関で用意されていることが多いでしょう。

銀行系カードローンが金利が低くてお得ですが、大手の消費者金融などにもカードローンがある例が少なくありません。いずれを利用してもカードローンの仕組み自体は同じですし、気軽に使えるという点も同じです。

自分が使いやすいという金融機関があれば、ぜひそこでカードローンを契約してみましょう。お金に困ることが多い人には便利なサービスですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加