> お金を借りる > カードローン申込みを複数やるよりお勧めなのは基本的利用法!?

カードローン申込みを複数やるよりお勧めなのは基本的利用法!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.20

カードローン申込みは複数してもいいと言われます。もしかしたらカードローンを複数持っている人が身近にいるかもしれませんね。

ところで、皆さんの実感としてはどうでしょう?「カードローン何個も欲しいよ!」と思いますか?別に複数契約をやってもいいんですが、果たしてそれはお得なのかどうか。ちょっと確認してみましょう。案外基本的な利用法の方がお勧めかもしれませんよ?

複数契約は利用が面倒!?

カードローンを複数個持っていてもいいとはいえ、人を選ぶ方法であるのは確かです。カードローンを意味もなく複数持っていても、やはり意味がありませんからね(笑)

使わないカードローンだったら何のために契約したのかという話ですし、どういう風に使い分けるためにカードローンを契約したのかが曖昧だと、やはり何のための複数契約なのかという話です。

カードローンを何のために契約し、どういう風に使うのか。ハッキリ言ってそこまで深い考えがあって利用している人ばかりではないでしょう。何となくお金がなくてローンが欲しい。カードローンを選んだのは審査が簡単だから。

利用動機としては非常に単純ですが、正直言ってこの程度の動機でカードローンを利用したって何の問題もないんです。そんなに深刻な理由があってカードローンを使っているという人ばかりじゃありませんよ。

しかしそんなカードローンも複数契約すると、「なんのために?」、「どうやって使うの?」ということを考えざるを得ません。

人によっては、複数のカードローンを契約したらかえってカードローンが面倒になったという人もおられると思います。何となくで使うならカードローンは一個で十分です。

信用力が低下している!

何か思うところがあってカードローンを複数契約するというのはまったく構いません。が、それには副作用があることを知っておいて欲しいですね。カードローンを複数契約すると自分の信用力が大きく低下することを知っておくべきです。

カードローンを一つでも契約すると、まったくそれらのローンを使っていないときに比べて信用力が落ちてしまうのはわかりますよね。借金ゼロの状態で受けるローン審査より、何か利用しているローンがあるときの審査の方が難しくなるのは当然の話です。

契約しているカードローンが複数あると、その信用力の低下幅がドーンと大きくなります。実は利用額とは関わりなく、ローン審査で個人が契約できるローンの許容数には限りがあります。契約ローン数が多くなるほど審査は難しくなるのです。

意味があろうとなかろうと、契約しているカードローンが複数あるということは、それ以降のローン審査が格段に難しくなる可能性があります。

カードローン以外の借金なんてまずしないという人はいいですが、そうでない人は要注意です。いざというときに緊急でも借入できる余地を残しておきたいなら、カードローンを無闇にたくさん契約するのはお勧めできません。

カードローンは一枚でも十分便利!?

カードローン複数利用のデメリットを紹介しましたが、それでもカードローンを複数利用したいんだ!という人は遠慮せずにやってもらって構いません。その辺りの判断は個人の自由ですからね。

ただ、何度も言っているようにカードローンを複数利用するだけの確かな理由がない人が複数利用をする意義はあまりないとは言っておきます。

少額キャッシングなら一つあればまず足りますし、高額キャッシングしたいときは高額限度額が可能であるカードローンを一つ契約すれば事足ります。

利用前に、それ一つで用が足りるカードローンを確実にチョイスすれば、カードローンは一つで十分に便利です。できるだけ上手に使ってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加