> お金を借りる > 年収いくらあれば借りられるのか!?意外な一線をご紹介!

年収いくらあれば借りられるのか!?意外な一線をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.24

年収が重要になるのはどんなときでしょうか?婚活パーティのとき?ええ、そのときも非常に重要になる場面ですが、他にもありますよね?

そう、お金を借りたいときです。ローンを利用するときには必ず審査を受けなくてはなりません。審査で見られている点は非常に多岐にわたりますが、乱暴なことを言ってしまえばあれば年収を見られているということになるのです。

年収が高ければ高いほど返済に回せるお金が将来的に入ってくる人ということになり、逆はつまり返済に回せるお金が少ないということ。どちらなのかを判断すればいくら貸すのが妥当か、金融機関側が判断できますよね。

お金を借りたいときは年収があることが非常に重要になるわけですが、ところで年収いくらあれば借りられるんでしょうか?重要なのは百も承知でもいくらくらいあれば安心なのかがわからなければどうしようもありませんよね?

この点について一線をご紹介しましょう。意外な一線が見つかると思いますよ?

年収が高ければ高いほど安心!

まずは年収が高いケース。当たり前ですが、年収が高ければ高いほどローン審査には有利です。先ほども触れましたが、年収が高いということはそれだけ将来的に返済できるお金が多いということ。

こういう人であればたくさんのお金を貸しても将来的に返ってくると判断できるため、審査は簡単に通過でき、かつたくさんのお金を借りれる可能性があります。

具体的にいくらくらいあれば安心だと言えるのでしょうか?年収一千万越えであれば安心してよいのは確実です。ローンの中でも最難関である住宅ローンですらもアッサリ組むことができるかもしれません。

年収五百万程度でも最近の相場で言えば決して悪い方ではありません。四百万から三百万程度でもローン審査にそこまで神経を使わなければならないということはないでしょう。キャッシング程度のローン審査なら一瞬で終わらせることができるかもしれません。

ただし、いくら年収が高いといってもその分借りるお金についても高望みしてしまえば返済力が追い付かなくなり、審査の通過が難しくなります。

他に多額の借金があったりしても同様です。せっかくの自分の高年収を無駄にしてしまわないよう、バランスにはお気を付けください。

年収が低い場合はカードローンを選べばOK

もし年収が低い場合はどうなのでしょうか?年収が大事であるローン審査において、その年収が低いというのは正直に言うと少し厳しい面はありますが、だからといってローンを利用することが不可能だとは言いませんよ?

年収が低いだけでちゃんと収入があるんですから自信を持ってください!年収が低いなら低いなりに利用できるローンはあります!

その前に、年収が低いというのはどれくらいの額を指すのでしょうか?年収が二百万以下になってくると、少しローン審査を通過するために注意が必要になってきます。

年収が百万円を切る人はしっかりローンの特徴を見て、低年収でも使えるものをチョイスすることが重要です。

では低年収でも使えるローンとはどんなものでしょうか?オススメはカードローンやキャッシングと言われるサービス。

限度額を決め、その範囲でお金を貸し付けるサービスになります。限度額を低い水準に設定することもできるため、年収が低い人にでも対応でき、利用が可能になるのです。

いずれにせよ、借りすぎには注意を!

以上のことから、年収が高くても低くても何らかのローンは使えるということがわかりましたね。特にカードローンやキャッシングは使い勝手もよいですから、年収が高い人にもオススメです。

しかし一点だけ注意を挙げておきましょう!年収がどういうレベルであったとしてもお金は借りられるわけですが、借りすぎにはご注意を。年収が高くても低くても、それに応じた信用力というものがあります。

調子に乗ってお金を借りすぎてしまうと信用力が減ってしまい、いざというときに新たにローンを利用するのが難しくなります。ローンは上手に使いたいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加