> お金を借りる > 無茶な返済を求められたら…!借入が不安なとき確認したい事実

無茶な返済を求められたら…!借入が不安なとき確認したい事実

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.13

借入はしたいけど、やっぱり不安…!そういう人も多いようです。利用してみると案外普通のサービスなのですけどねぇ。

借入前の不安としてよくあるのは、無茶な返済を求められたらどうしようというものです。借金ってやっぱりお金を貸す側の方が立場が強いんだろうというイメージがあるようで、その立場にものを言わせて急に返済を求められたらどうしようか…という不安ですね。

こういう不安を実は持っているという人にこそ確認して欲しい事実があります。

返済は普通どうやるもの?

この不安を解消するために、すでにキャッシングなどを利用している人達の姿を見てみましょう。彼らの中には急に返済を求められててんてこ舞いしているような人達がいるのでしょうか?

キャッシング利用者たちを見まわしてみると、そういう人達はほとんどおられません。借りた以上は返済が必要なのですが、返済はごくごく普通の常識的なものでしかありません。

返済方法も決して一つではなく、いくつかの方法が用意されています。早く返したい人は早く、ゆっくりやりたい人は許された範囲でゆっくりと。そんな感じで、許された範囲で自分の好きなように返済をやっているというのが実情です。

お金を返さないといけないというのは間違いありませんが、返そうという意志があるのならある程度の自由は認められているのです。

許された方法の中で自分に合うものを選び、返済すればよいのです。ちゃんと計画的に行動できる人にとって、借金の返済はそんなに難しいものではありませんよ。

無茶な返済を求められることはあるのか?

そうはいっても、もし無茶な返済を求められたらという不安がくすぶっている人もおられるでしょうか。そういうことがあり得るのかどうか、少しお話します。先にも言いました通り、無茶な返済を求められるということは基本的にありません。

もちろん分割払いを選んでも最低限やらないといけない返済のペースというものがありますから、その最低ペースすら「無茶だ!」と感じる人にとっては、無茶な返済を求められているということになるかもしれません。

しかしそういうケースを除き、常識的に返済ができる人にとって無茶だと感じられる返済を求められることは基本的にありません。

たとえば、何の前触れもなく「気が変わったから借金明日までに返して」と言われるようなことはないということです。そういう無茶振りをされた上、返せないからといって差し押さえをされるとかいう話もありません。

返済の方法にもルールというものがあります。その辺りのことは契約書に明記されていますから確認してください。そこに書かれていないようなことは原則的にされないと思っておいてください。

返済方法は要確認!

ただし、その借金の基本的返済方法についてはよくよく確認しておいてください。そうでないと泣きを見ることもありえます。

基本的な返済ルールに沿ってきちんと返済をやっていれば急に無茶な返済を求められるということもないのですが、返済のやり方がまずいと一括返済を求められることがあります。

契約書に書かれていることも多いと思うのですが、最低限の返済ルールを守れなかったとき、分割払いなどといったオプションは撤回され、ただちに借入額を全額返済するように求めるという取り決めはわりと一般的です。

感覚的には無茶な返済を求められることになるかと思いますが、基本的ルールを破るとそういう対応もやむなしとなるのです。無茶な返済を求められることがないよう、基本的な返済はしっかりと押さえましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加