> お金を借りる > 貧乏なら知恵を絞ろう!上手に使いたいキャッシングサービス!

貧乏なら知恵を絞ろう!上手に使いたいキャッシングサービス!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.15

貧乏でつらいと思っている人も多いかもしれませんね。経済的にも難しい時代を迎えています。なかなかお金がなくて困ることが多いなら、一つ根本的に貧乏という状態から抜け出す手を打ってみてはどうでしょうか?

貧乏から抜け出すにはどうすればよいのか。知恵を絞り、ときにはキャッシングを使ってみるのもよいかもしれませんよ。

借金で貧乏脱出作戦!?

お金がないのに借金をするということに違和感を持たれる人も多いかもしれませんが、ここは一つ投資という考え方をご紹介しておきましょう。

投資というのは、簡単に言えばお金を投じることで状況を改善することです。投じたお金は回収する必要がありますが、投資によってちゃんと状況が改善されていればお金もよく回るようになり、自然と回収できるようになります。

そして根本的な状況が改善されれば、投資したお金を回収した後もお金の流れはよくなったまま。投資したお金以上のお金をゲットすることができるというわけです。

具体例を出しましょうか。学校で勉強することも一種の投資だと見ることもできます。学費を払って勉強をする。学費が「投資金」というわけです。

そうやって勉強した知識を活かして難しい仕事をすれば、単純労働系の仕事より高い給料を手に出来ます。投資金として使った学費を回収して余りあるお金が手に入るというわけですね。

若干理想論的ではありますが、知っておいて損はない発想だと思います。「これさえあれば…!」と歯がゆい思いをしている何かがあるのなら、それを投資によって叶えてみればどうでしょう。

自動車などのアイテムでもよいですし、資格という目に見えないものでも構いません。投資したお金は、それを活かして仕事をすることで後々回収する。こういう方法もありますよ。

そこで借金を使うのもアリというわけです。投資に使うお金がない場合、借金をして借りたお金を投資金にすればいいですね。うまくいけば、借金もちゃんと返せる上に自分の生活も豊かになるというリターンが得られます。

借金をするにこれだけは必要

最近はキャッシングという簡単に使えるローンもありますので、借金をするために高い社会的身分も無理に必要なくなりました。貧乏という状態でも簡単にお金は借りられるのです。

しかし、最低でも仕事をしていることは必要です。貧乏でも構わないのでどこかに勤めていて、安定的にいくらかの収入は得ているという状況がないと、さすがに借入は難しくなります。

キャッシング等が利用できないと、投資するためにはあくまで自分の貯金のみに頼らなくてはならず、やりたい投資ができないこともありえます。必要なときにすぐ借りれるよう、最低でも定職に就くという点は押さえておきましょう。

リスク管理も忘れずに!

投資によって貧乏を抜け出すという作戦はオススメではありますが、リスク管理はきっちりとやることもオススメしておきます。

先にも言ったように、投資によって何もかもがうまくいくというのは少々理想論がすぎる部分があります。投資が失敗することはありえます。お金は投じてみても自分の目論見が大きく外れてしまったというのはよくある話です。

絶対にうまくいくと思える投資でも、過信は禁物です。まして借金して借りたお金を全額投資して大失敗…なんてことになったら目も当てられません。

投資はいい方法ですが、コツや感覚がわかるまでは慎重にやってください。借金をしてやる場合、まずは少額利用から始め、コツがわかってきたら本格的に投資のために借りるようにした方がよいでしょう。

これさえやれば絶対にうまくいくというマニュアルはないものです。投資も借金もいいのですが、やる前には存分に「知恵を絞ること」を忘れず、賢く立ち回ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加