> お金を借りる > 誰にも会わずカードローンを作るために注意すべき点

誰にも会わずカードローンを作るために注意すべき点

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.10

カードローンを作りたいけど、とにかく誰にも会わず作りたいという人もおられますよね。まったく関係のない第三者にすらも自分がカードローンを利用していることを知られたくないという人はいます。

それがたとえ金融機関の人間であっても、できることなら顔を会わせずにカードローンを作ってしまいたいというのは、そもそも可能なことなのでしょうか?

少し前ならいくらなんでもそれは無理だ…というような条件ですが、今の世の中なら十分に可能!

ただし、やはり金融機関の人間とすらも顔を会わせずにカードローンを作ろうというのならちょっとした注意が必要になります。誰にも会わずカードローンを作るために注意すべき点をお教えしましょう。

最初に用意すべきなのは「ネット環境」です。誰にも会わずに何かをしようというのならネットからアクセスするのが基本ですよね。

すでにネット環境を持っているという人も多いとは思いますが、まだ持っていないという人は急ぎネット環境を整えましょう。携帯端末からアクセスするタイプのものでも問題はありません。

ネット環境が用意できたら、あとはネットからカードローンに申し込みましょう。カードローンはネットから申し込みができるものもたくさんあります。それらを選び、申し込みフォームから申請すれば手続きは完了。あとは手続きのフローに沿って手続きを終えれば終了となります。

流れを大まかに言うとこういうものになるのですが、「絶対に、ほんの少しも」誰にも会いたくないという人は、ここで注意しなくてはならないことがあります。

適当なカードローンに申し込みをする前に、それぞれのカードローンの申し込み手続きのフローを確認してみてください。詳しい手続きまで確認してみれば、誰にも会いたくない人には合わないものもあるからです。

たとえば、カードローンへの申し込みから審査、簡単な手続きまではネットから確かにできるものの、本当にカードローンを利用する段階に入るまでには来店を必要としているサービスもあります。

そういうものを選んでしまうと、利用するまでの間にはどこかで誰かに会わなくてはならなくなってしまいますね。誰にも会いたくないという人にとっては見過ごせない点でしょう。

選ぶべきなのは、完全にすべての手続きが無人でできてしまうもの。たとえば一貫してすべてネット上の手続きだけで利用できるカードローンもありますから、そういうのを選んでみてはどうでしょうか。

また、完全にすべてネット上で手続きするのは難しかったとしても、一部手続きを郵便物の郵送などでできたりするものなら、誰にも会わずに済むという条件はクリアされますね。

仮に来店しなくてはならなかったとしても、無人機械での手続きでできることもあります。そういう部分についてまで調べてみましょう。

ときには無人機械ではあるけれど、テレビ電話のような形で金融機関側と話さなくてはならないものもあったりします。手続きをよく調べてみて、自分の希望に合うものをチョイスしましょう。

調べることが多くて不安になるかもしれませんが、カードローンは種類が多いため、様々な条件で提供されているものです。諦めずに調べてみてください。きっと気に入るカードローンが見つかることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加