> お金・投資 > 個人売買?下取り?査定?最適な中古車売買の方法を考える

個人売買?下取り?査定?最適な中古車売買の方法を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.19

2014y03m18d_200147248

生活に密着している自動車ですが、当然ながらこれだけ多くの車が世に出回っていれば中古車もそれなりに多くなっています。そして、現代ではこの中古車こそが大きな市場を持っていますから、愛車を売る場合にもたくさんの選択肢があります。それぞれの売り方について考えてみましょう。

広がる中古車市場と可能性!

現代では中古車の市場が非常に広がっており、国内での中古車需要もかなり高まっています。自動車がこれだけ生活の主流となっているのですから、当然それに乗る人も多く、それに合わせて新製品もどんどん発売されていきます。

常に新しいものの方が性能も燃費もいいですから、当然どんどん車は使い回され、中古車が増えていくというわけなのです。しかし、この中古車が近年では単に粗悪で安い車というだけではなく、非常に経済的に自動車を利用していける便利なツールとして注目されているのです。

日本の車はそもそも昔から性能がいいですが、近年では特に不良や欠陥もほとんどなく、新車で購入してから一定期間は必ず乗っていくことができると保障されています。そして、車を利用しようと考えた時に、新車を購入するには高いですが、単に交通手段として安く自動車を手にする方法として中古車は人気がありますし、うまく選んでいけば自分の理想の車種を安く購入して、それでいて長く乗っていくこともできるのです。

中古車はお店に売るだけが方法ではない!?

そして、これだけ中古車の需要が高まっているのですから、車を購入して乗らなくなったからといって廃車にしてしまうのは損というものです。しっかりと中古車として売りに出した方がいくらかお金になりますし、うまく売っていけばかなり高額なお金を受け取って新たに購入する自動車の足しにもできるのです。

中古車は買取ってくれる専用のお店やディーラーに売却するというのが今までの基本でしたが、現代では単にお店に売るだけではなく、さまざまな売却の方法があります。どの方法も非常に魅力的な部分を持っていますし、ものによってはリスクも大きくなる場合がありますので、しっかりとそれぞれのメリットでメリットを把握していく必要があります。

また、近年では日本の古い車が非常に海外で多くの人に利用されています。日本の自動車は古くから性能が良く、壊れにくいというのが大きなメリットで、しかも古い車種であれば海外でも比較的安価に入手できることから多くのドライバーに愛用されているのです。

カーオークション

自動車を売却する方法として現在ホットなのが、カーオークションです。自動車のオートオークションは現在の中古車市場でも最も活気のある市場で、全国に非常に多くのオークション会場があります。そして、1分間に数万台から数十万台という規模で全国で今もカーオークションが展開されています。

カーオークションを利用すれば、間違いなく相場以上の値段で自動車を取引することができます。なぜなら、現在の中古車市場の相場は、このカーオークションの相場を元にしているからなのです。

そして、これらのカーオークションは個人での出品ということはできませんから、カーオークションと連携しているかもしくは直接主催している中古車店に頼んで出品してもらうというのが基本です。

カーオークションは基本的に個人での参加は出品であっても落札であってもできませんが、その分公正な優良業者のみのオークション市場になりますので、非常に効率的な業者間での自動車取引が成立しているのです。近年ではオークションと提携して中古車を取引することで、店頭に直接在庫を抱えるリスクを最小限に減らしてそのぶん自動車の価格を安くしている中古車販売店なども多く存在します。

また、オークションには主にこうした大規模なオートオークションと、個人単位で参加できるヤフオクなどのオークションとが存在します。個人で参加できるオークションでは、カーオークションというよりは個人売買の意味合いが強くなってきます。

個人売買

個人売買というのも、近年のインターネット環境の普及によって非常に便利に利用できるようになったツールの一つです。現代ではお店や業者相手に売買を成立させるのではなく、直接こうした個人間での売買をも成立させることができるのです。

そして、先ほど少し紹介したようにヤフオクをはじめとする個人系のオークションでは、自動車を売りたい人と購入したい人が高確率で繋がることのできる便利なシステムとなっています。その他にもやはり個人売買としては、単純に個人から個人へ直接売買するというのが基本になりますが、中古車買取店で買取ってもらうよりもはるかに高額で売ることができます

なぜなら、中古車買取店では消費者から買取った車に付加価値をつけて販売することによって利益を出しています。つまり100万円で販売されている中古車を売った消費者が100万円をもらえているわけではないのです。

そして、この中間マージンが個人売買では一切ありませんので、市場で同等車種がたとえば100万円前後で売られていたとしましょう。それを90万円で売ったとしてもはるかに業者買取よりも高額なマネーを受け取ることができて、個人売買の相手も市場よりも10万円も安く購入できるというわけです。

一見メリットばかりに見える個人売買ですが、ひとたびトラブルに発展すると恐ろしいことになり、それが大きな最大のデメリットでもあります。もし売買した車に何か不具合があった場合に、誰が出費して保障するのかという部分や、売買に対する見解や認識の違いなど、非常に様々な点で大きなトラブルとなるリスクが大きいです。高額でしかも精密機械を個人で売買する以上、ハイリスク・ハイリターンといわざるを得ません。

事故車や不動車でも買取れる!?

最後になりましたが、もしあなたが手放そうとしている車がもうすでに故障して動かない車であったり、事故を起こして大破した車だとしても、諦めてはいけません。

「事故車買取専門店」をご存知でしょうか?そうした車を専門に買取ってパーツを需要のある海外に流したりして利益を出している業者なのですが、こうしたことからもわかるように、たとえ事故車や不動車であったとしても、近年では十分に需要があるため、簡単に廃車にしてしまうのは大きな損です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加