> お金・投資 > 目からウロコ!誰にでも出来る簡単手間なし節約貯金法

目からウロコ!誰にでも出来る簡単手間なし節約貯金法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.10

お金の貯め方、節約の仕方とは

お金を貯めようと思っても何かと出費が多くてなかなか貯まらない、と言う方も多いのではないでしょうか。毎日会社に行って帰宅するのは夜遅い時間…などと言う生活を送っている労働男子には、なかなか主婦のような節約生活はできませんね。節約をするなんて主婦の仕事だとか思っている方、いませんか?もうそんな考えは古い時代がやってきました。男性も節約をして、お金を貯める時代です。

それでは、どんな節約をしていったら良いのでしょうか。節約とは、何もパンの耳を買って来たり、ちょこちょこ何度もスーパーに行って買い物をしてきて、値下げシールの貼られる時間帯になったら虎視眈眈と獲物を狙ったりというような事をする訳ではありません。そういう究極の節約は置いておいて、毎日の生活の中でも普通に節約をする事は出来るのです。忙しい毎日を送っている人にもってこいなのが、簡単節約です。

まず、お給料を貰ったらすぐに全部のお金をおろしてしまっていませんか?おろしてしまう事で全部使っていいお金だと勘違いし、気づいた時には次のお給料日までお金がわずかしか無い、なんていう事になってしまうのです。節約生活を送る為には、まず先取り貯金をする事をお勧めします。お給料の何割かは、もう無いものだと考えて先取り貯金をします。そして、おろしたお金の中で生活するという方法をとります。

予算内で生活する方法とは?

おろしたお金は、例えば一週間で1万円だけ使うなどと決めて、その予算を守って生活していけばそれ以上使うという事はなくなりますね。予算を決めるという事が、節約生活の基本中の基本なのです。決めたことをただ守って生活していくだけなら、忙しい男性にも出来ますよね?家計簿をつけたり、ちまちまとレシートを貰って来たりと言う事をしていると、それが途中でいやになって節約生活なんてやめようという事になってしまうのです。なるべく手間をかけずに節約生活を行っていけば、続ける事も出来るのではないでしょうか。

最初は一週間1万円だったのを、ある程度慣れてきたら一週間8000円で生活出来るようにするなど、どんどん予算を減らしていけばかなり効率的に節約生活を行う事も可能なのではないでしょうか。何も面倒な事も無く、生活出来ますね。その時大事なのが、急な出費に備えて、お財布の中に1万円札を忍ばせておくという事です。突然の飲み会などに誘われて、その時お金がなかったら恥ずかしい思いをする事になりますよね。そんな不測の事態に備えて予備費を持っておく事によって、快適に節約生活を送る事が出来ます。その決めた予算内だったら、いくら使っても良いという事にすれば、特に不自由なく生活する事も出来てどんどん節約が出来るようになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加