> お金・投資 > 人生でもっとも使用するローンに!なるべく低金利で借り入れるには?

人生でもっとも使用するローンに!なるべく低金利で借り入れるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.09

2014y03m07d_214945106

人生の中で最も高頻度で多くの人が利用するであろうローンですが、ローンにも比較や善し悪しの判断が大切!ローンを組む前にしっかりとした知識と、様々な借入の種類などを学んでいくと良いのではないかと思います。今回はそんなローンについて解説していきます。

ローンにも種類がある!

非常に便利に様々な場面で借入ができるようになった各種借入方法の中でも、ローンは私たちの生活に最も密着しているであろう融資です。借入には様々なものがありますが、キャッシングやカードローンは一生の中で全く使わないという人もいるでしょう。しかし、ローンではどうでしょうか?自動車に住宅にと、様々な場面でローンを組む必要が出てきます。自動車や住宅は到底一括では購入できませんし、貯金をしていても購入できない場合や、一体いつになるかわからないようなものも多いでしょう。

また、近年では携帯電話の購入にもローンが組まれているって知っていました?購入や機種変更の際に高額な機種の購入代金がかからないのは、毎月の料金にローンとして分割で組み込まれているからなのです。実は、一昔前まではこれらが通信料金の中に一部含まれていたため、機種を安く購入することができました。しかし、近年では通信料金を安くする代わりに機種代をそのまま取ったり、ローンとして毎月の料金の中に含めるようになったのです。携帯電話も高度な精密機械ですから高くて当然と言えば当然ですが、そのことに今まで気がついていなかった人も多いようです。

下調べと比較が肝心!

借入をする前には必ず下調べと比較が肝心です。ローンといってもオリコやジャックスなどのローン会社だけでなく、用途別に様々な消費者金融や銀行などから融資制度が出されています。つまり、金利の各種条件も借入できる額も、毎月の返済額もどこで借り入れるかによってマチマチだということです。借入側がどのような条件を重視して借りるのかや、どのような用途に使うのかによっても利用するローンが変わってきます。現在ではそれほどまでに様々な融資制度が軒を連ねており、ローンといえども一つのサービスではなくなってきているのです。

下調べには、当然インターネットを利用するのが便利です。現在では情報化の発展から、大部分の企業がインターネット業界に参入していますし、当然顧客商売である金融は間違いなくインターネット上にホームページをもっています。現在ではインターネットから申込をしたり借入ができる時代ですから、インターネットを利用して下調べをしていくことで24時間365日いつでも借入の比較や下調べができるというわけです。

用途ごとのローンでそれぞれ比較する!

ローンには様々な商品があり、用途によって最適なローンや利用できるローンの選択肢も異なってます。例えば、自動車を購入するのであれば各社から自動車ローンやカーローンを使うのが一般的でしょう。住宅のローンはもちろんのこと、結婚式に使えるブライダルローンや教育ローン、さらにはリフォームローンやソーラーローンなどというものも出てきている近年ですから、より用途にあわせて選んでいかなければ損です。

なかにはネットフリーローンや多目的ローンといった小規模の借入から、おまとめローンを組む大規模な借入までをトータルで対応してくれているものもありますが、基本的には、様々な分野に分かれているのが現代の主流となっています。当然、融資制度によって金利の条件も借入総額の条件も変わってきます。たとえば自動車ローンに組まれる目的の融資では、高額な貸付を可能としていたり、長期間の返済が可能となっていたりしますし、育児ローンや教育ローンなどでは金利が低めに設定されていたりと、ジャンルによって同じローンでもそれぞれ違うのです。

与えられたローンをそのまま組まない!

近年ではよくショッピングの際にもローンを組むようになりました。単純にネットショップから一般のショップまで借入の幅が広がっているということもありますし、どの店舗も独自に提携しているローン会社が存在します。こうしたショップローンで一番に求められることは、いかに素早く審査ができるかという点です。もし出張や旅行先で観光客が高額な商品を購入しようとしているのに、その場でローンが組めなくて後日結果待ちだったり、再度店舗に足を運んでもらわなければいけないのであれば、多くのお客さんが諦めてしまいます。

その場で素早く組めることというのが、ショップローンの基本でもあるわけですが、個々で注意を一つ挙げると、そのお店に提携しているローン会社で簡単にローンを組んでしまわないことです。場合によっては他のローン会社と契約して借りたお金で直接店頭購入した方がお得に済む場合も多いです。たいていショップ側が提携しているのはローン会社になるかと思いますが、金利も決して低くはなく、一般的かそれ以上にもなってしまいますから、事前によく比較してもっとも低金利で損をしない金融から借り入れることが大切です。

別用途のローンでも使いかた次第

最後に、裏ワザ的な使いかたにはなってしまいますが、各種ローンにはそれぞれ必要な用途にあわせた融資があることも多いです。たとえばビジネスローンでは高額な借入ができるけれど、借入条件としてビジネスマンや自営業者、企業が中心となっていますから、一般用途での借入はできないでしょう。しかし、これらの独特の借入方法や条件をうまく利用していくことで、低金利で借り入れることができる場合もあります。

教育ローンはどうでしょうか?もちろん、子供の学費を支払ったり、入学金や授業料を支払うのにも組まれることが多いですが、「教育」と大きな括りでカテゴライズしてしまっている以上、基本的には子供がいて家庭のある借入者は教育ローンを組むことができるということです。たとえそうした入学金や授業料で使わないとしても、育児や生活費用の負担もまた教育の一環です。つまり、うまく条件を合わせていけば、別の用途にあわせた低金利のローンも借り入れられる可能性が高まるということです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加