> お金・投資 > 仕事をうまく進める為に実践したい一週間の使い方

仕事をうまく進める為に実践したい一週間の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.09

仕事を上手く進める為にしたい一週間の使い

会社勤めなら、土日が休みの週休2日制の人が多いのではないでしょうか?平日5日間を仕事に割り当てることができますが、平日の使い方を誤ってしまうとせっかくの休みも残業したり、家に仕事を持ち帰ってやるという事になってしまいます。そこで、一週間を上手く使って仕事を円滑に進める方法を紹介します。

月曜の午前中はルーティンワークをする

土日2連休の場合は、月曜日の仕事はなかなか集中することが出来ないかもしれません。特に午前中は、身体も頭も仕事モードに入っていないので、なかなか集中して仕事ができないと思います。

なので、月曜日の午前中はそこまで頭を使わなくてもできるルーティンワークを中心に徐々にエンジンを掛けていくようにしましょう。身体と頭を仕事モードに切り換えていき、会議や営業などは午後にするようにしましょう。

火曜日は午前からも会議やアイデア出しなどをする

火曜日は身体と頭は仕事モードになっているので、午前中からでも会議や打ち合わせ、アイデア出しをするといいでしょう。午前の方が頭はスッキリとしているので、何かを考えるにはもってこいの時間です。

仕事モードに入っていない月曜日は酷でも、火曜日くらいからなら身体も頭も仕事モードに入っているので、こなすことができます。

水曜日は一度スケジュールの見直しと調整をする

水曜日は週の真ん中、もう一度スケジュールの見直しと調整をしましょう。もし、何か進行が遅れている仕事があるのなら、うまく調整して時間を作ったりしましょう。

週の真ん中である水曜日は最も集中力が高くなっている時期でもあります。水曜日にどれだけ仕事が進められるかで、一週間の仕事がどれだけ進められるかが決まるといってもいいでしょう。

木曜日は疲れが見えてくるので、より集中するor少し休む

木曜日あたりになってくると、徐々に身体と頭に疲れが見えてくる時期です。より集中するようにするか、少し休むようにするといいでしょう。もしくは、集中できない時こそ自分に喝を入れて集中して仕事をするようにしましょう。

2〜3時間はよそ見をすること無く、集中して仕事をすれば、驚くほどたくさんの仕事が片付くはずです。もしくは、どうしても生産性が上がらないのなら、午前中は簡単なルーティンワークをして、エンジンを掛けていくといいかもしれません。

金曜日は仕事のやり忘れや進行に遅れがないかチェック

金曜日は週の終わりです。土日の休みが待っています。ですが、休みに入る前にもう一度仕事のやり忘れや進行状況を確認しましょう。もし、やり忘れや進行に遅れがあったら、なるべく金曜日中にやりきってしまいましょう。

自宅に仕事を持って帰るというのもいいでしょうが、自宅は会社のオフィスよりも集中力が続きづらいということが多くあるので、金曜日にやり切ってしまったほうが、メリハリがついて一週間の過ごし方が大きく変わってきます。週末だから飲み会なども多くあるかもしれませんが、時には誘いを断って、仕事をするようにしたほうがいいでしょう。

土曜日は一週間の仕事を振り返って、翌週の計画を立てる

休み初日の土曜日は、自宅でダラダラとすごしたり、寝て過ごしたくなってしまうかもしれませんが、なるべく平日と同じ時間に起きて、一週間の仕事状況を振り返ってみましょう。

「今週は何をやった?」「今週達成した仕事は?」「今週学んだことは?」など、自分に質問をして振り返ってノートや手帳に書いておきます。もし、出来なかったことがあったとしても、それも手帳に書いておきましょう。

一週間の振り返りができたら、今度は翌週のスケジュールを立てます。仕事を「いつにどれくらいの量をする」というのはもちろん、「今週できなかったことをするためにすること」も合わせて考えてスケジュール帳に書いておきましょう。

ある意味、この土曜日の一週間の振り返りとスケジュール作成が平日の仕事を円滑に進める大事な行程です。午前中に振り返りとスケジューリングができたら、あとの時間は自由に使って下さい。

日曜日は頭を空っぽにするように休む

日曜日は仕事から離れて、しっかりと休むようにしましょう。なるべく頭を空っぽにして、趣味や好きなことに打ち込んだり、友達や恋人と出かけたりしてリフレッシュして、また翌日からの仕事に備えて身体と頭を休めましょう。

一週間の使い方で仕事は大きく変わる

一週間をどう使うかで、仕事の進み具合は大きく変わってきます。それぞれの曜日に合わせて、仕事のやり方を変えていくのも効果的な手段です。全てを真似するのも良いですが、自分にあった一週間の使い方を実践して下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加