> お金・投資 > 楽天の優勝に泥を塗った77%オフの楽天セールとはなんだったのか?

楽天の優勝に泥を塗った77%オフの楽天セールとはなんだったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.17

楽天初優勝!震災から二年が経ち、多くの人が楽天の活躍に勇気をもらったことでしょう。個人的には、まるでドラマのような筋書きで、少々出来過ぎの感はありましたが、日本全体が元気になるような一種の起爆剤になったことかと思います。

しかし…、この大事なタイミングでやらかしてしまいましたね。そう、セール価格の偽造です。もう、こういうお祭りに便乗し詐欺行為を働く輩はどうにかならないのでしょうか?

77%OFFの真実とは?】

あちこちで報道されたので、ご存知の方も多いでしょう。楽天の監督である星野監督の背番号77にあやかって、楽天市場では、数々の商品が77%OFFセールを行いました。(中には半額セールだったところもあったようです)77%OFFといえば、相当な値下げ率ですよ。バーゲンの末期や、閉店セールの末期くらいでしかお目にかかることはないかもしれません。

それが本当だったら凄かったのでしょうが、よりによって通常販売価格を偽り、さも77%値引きしたかのようにみせた店も多かったようです。
例を出すとこんな感じです。

長い間2000円で売っていた商品があるとします。それを、「通常価格8000円のところをなんと77%OFF!1840円でご提供!楽天おめでとう!」と言って売ってしまうのです。なにが楽天おめでとうだ!と思いましたね(笑)

実際に多少は安く売ったところがほとんどだそうですが、2000円が1840円になるのと、8000円が1840円になるのは大きな違いです。
これで「安い!」と勘違いして購入してしまった方も大勢いらっしゃることでしょう。とんでもない詐欺です。

食品系の値段はどうとでも誤摩化せる、とでも思ったのか?

ただ、こういうからくりを聞いた後で、実際の商品を見てみると、やはり相当不自然です。「こんな商品が通常価格は、こんなに高いのか?」と思わせる商品ばかりだったからです。さすがにね、これはバレますよ…。どれだけ消費者をなめているのだ、という話です。特に特産物系の食べ物が狙い撃ちされたようですね。一万円近いスルメとか、ほとんどギャグ漫画の世界です。

実は私も被害に遭いかけました。真実が明るみに出る前の話です。ウチの奥さんが、「楽天優勝でピザが半額だって!ピザをとろう!」と言い出したのです。「まぁいい機会だから、ピザくらい買うか、」と思ったのですが、値段を見て思ったのです。「ピザってこんなに高かったっけ?」と。

Lサイズのピザが4000円近いのですよ。確かに普段はMサイズばかり頼んでいたので、Lサイズの値段などよくわからなかったのですが、「これは、半額と謳っておきながら、実は普通に買うのと変わらないのでは?」と思ったのです。そう奥さんに告げると、案の定むくれてしまい、「もういい!ピザなんか頼まない!」と夫婦喧嘩のきっかけになってしまったわけです。あぁ…私も立派な被害者ですね(笑)。

そもそもこれは不法行為に当たらないのか?

法律では、「通常価格」についてこう決められています。過去8週間のうち最低でも4週間は、その価格で販売していた実績が必要、と。つまり、セール直前で通常価格を大幅に引き上げ、さも安くしたかのような行為は、当然詐欺行為にあたりますね。

一応、店側のいい訳もありましたが、あまりに馬鹿馬鹿しくて話にならないレベルでした。確信犯であったことは間違いありません。結局、楽天の優勝に便乗して一儲けしようとか、店の名前を売り出そうというような店舗ばかりだったというわけです。

最後にフォローもしておきましょう。このセールに参加した店の中には、本当に77%の値引きをして、大盤振る舞いをした店もあります。正直な店ですね。しかし、こういった騒ぎがあったために、彼らの努力はほぼ報われないとみてよいと思います。

一部の店舗のおかげで散々な結果になった、今回の楽天セール。優勝を祝うどころか、泥を塗る形になってしまいましたね…。どうして、もっと普通に出来ないのでしょう?77%の割引が店にとってそんなに負担だったのならば、セールには不参加すれば良かっただけの話…ですよね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加