> お金・投資 > 【これをすれば絶対貯まる!】低収入でも貯金出来る男の家計管理術

【これをすれば絶対貯まる!】低収入でも貯金出来る男の家計管理術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.23

自分はこんなに年収が低いから貯金なんて無理無理。と最初から諦めてませんか?低収入だから貯金が出来ないなんて言う事は一切無いのです。

何にどれ位お金が必要なのかをきちんと把握して、暮らしの無駄を省いていくことによって、貯金は出来るようになります。毎日お金が無くてギリギリで暮してるのに、お金なんて貯められるはずが無いと最初から諦めてると、貯められるものも貯められなくなってしまうのです。

まずは、お金の流れを分析してみることからはじめていきます。お金の流れを分析してみる事によって、自分が何に幾ら使ってるのかが明確になってきます。お給料を貰ったら、丸々全て使い切ってしまう人の場合は、無駄を削ることによってかなりの額が貯金出来るようになるはずです。

最初の1ヶ月目には、全ての使ったお金を書き出すと言う事をします。家計簿をつけるとなると、ちょっと身構えてしまうかもしれませんが、今は携帯のアプリなどで家計簿アプリなどがありますので、そういうアプリを使用してみるのもよいでしょう。

最初から家計簿となると、ちょっと敷居が高くなるので、お小遣い帳のようなアプリを利用してみるのも良いかもしれません。ただ単に、使った額を書き出していくだけなので、最初はちょっと面倒な作業かもしれませんが、慣れてしまえば、簡単に出来る作業と言う事になります。そして、書き出した支出を見直してみてください。

必ず、この見直すという作業が家計管理には必要となってきます。きちんと家計簿をつけてるのに、お金は貯まらない。と言う話をよく聞きますが、家計簿をつけてるだけでお金は貯まるはずがありません。この見直す作業をして、反省会をしないことには、お金なんて貯まるはずが無いのです。書くだけでお金が貯まるのなら、みんな書いてますね。

見直していくと、不必要な支出がある事に気がつくでしょう。それらを気をつけて減らしていく事によって、かなり支出が減るという事になります。家計簿をつける事によって、不必要な支出を意識する事が出来るのです。

そこで、注目して欲しいのが、固定費の割合です。収入が低いのにも関わらず、固定費の割合が高くなってることはありませんか?家賃などの固定費がどれだけかかってるかによって、貯金出来るかどうかが決まると言っても過言ではありません。家賃などの支出の割合が大きすぎる場合には、思い切って引越しをすると言うのも一つの方法です。

家賃の安い家に引越しをする事によって、かなり貯金が出来るようになったと言う人も沢山います。引越しをするとなると、最初にお金がかかってしまうものですが、安い家賃の家への引越しの場合でしたら、最初にかかる費用と言うのも随分抑えられますし、長い目でみていくと、それ位の引越し費用でしたら全く問題の無い出費ということになるでしょう。

例えば、家賃7万円から3万円の家に引越しする場合の費用ですが、基本的に家賃の5ヶ月分を用意すれば引越しは賄えると言われています。15万円を用意する事によって引越しが出来ます。そして、差額分は4万円なので、4ヶ月もすれば、引越し費用は捻出できたと言う事になります。

それから先はプラス決算になる為、年間48万円浮くという事になるでしょう。それを10年間続けたら、480万円の貯金が出来ると言うことになります。これはかなり大きくありませんか?

引越しをするのは面倒だ…と思われる方もいるかもしれませんが、この金額を考えると、引越しを考慮にいれても良いような気がしてきませんか。

そのように、普段の出費の見直しプラス固定費の見直しをしていく事によって、年収が低くても貯められるようになっていくのです。これを機会に支出の見直しをしてみませんか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加