> お金・投資 > 金持ちな人ほどケチくさい!?お金に対する考え方の違いとは?

金持ちな人ほどケチくさい!?お金に対する考え方の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.17

「もっとお金が欲しい」そう思って生活している人はどれだけいるでしょうか。バブルのころは凄かったみたいで、人によっては高卒でもボーナス手取りで300万円などの人もいたみたいですが、バブルが去ったあとに来る反動の不況では、やはり逆の人が増えているようです。

テレビや新聞を見てもパッとしない経済状況ですが、そうした中で好況を上手く使い、不況にも左右されずお金の専門家として幸せなお金持ちの人もいます。こうした人と他の人のお金の扱い方にはどういう違いがあるのでしょうか。

金持ちほどケチくさい!?

お金がもっと欲しいという人は、もっとお金を使って色々なことがしたいという人ではないでしょうか?もっとお金が欲しい、そして貯金をしたいという人はあまりいないと思います。

ですが、お金持ちの人でこうした人はほとんどいないようで、こうした人は逆にお金をなんでもかんでも使うことを嫌います。自分が好きなこと、他人が喜ぶことなどにメインでお金を使い、それ以外の無駄使いと思うことにはほとんどお金を使いません。

特に一時的な快楽でさらに中毒性があるものにはお金は使わないようです。そして、よっぽどそのブランドが好きでもない限りブランド品ばかりで全てをそろえるということもないようです。

それよりも安くて質のいい100円均一の商品で済ませる場合も多いようです。こう考えるとケチくさくて楽しくない人生のように感じるかもしれませんが、彼らはそうしたお金を使ってパーっとすることで楽しさを得ようとしていないようです。

それよりも、お金の作り方や増やし方、ビジネスや投資などに興味があり、それによって得られるかけがえのない喜びも知っているため、そっちに集中します。

また、気晴らしにパーっとお金を使うことは自分の感情の揺れによるものということも知っている人は、なぜお金を使いたくなるのかという感情と向き合ってさらに自分を高めるようです。

金持ちほど長期でお金を見ている

一時的な快楽にお金を使うことは、後々残らないことでさらには中毒性があるとそれが続いてしまうことがあれば、お金持ちはそうしたことにお金は使うのは嫌うようです。

もちろん、楽しいことや思い出に残ることにお金を使うことはありますが、ストレスを発散するようにがむしゃらにお金の力で自分の気持ちを満たすようなことはしないようです。

飲みに行っても浴びるように飲んだり嫌な出来事を忘れるように騒いだりすることはせず、誰かを喜ばせるようなことをしたり、より思い出深い日にするようにお金を使うようです。

また、自分にとって成長したり後々役立つものに投資をすることは、お金持ちにとってお金を使う喜びの1つです。

お金持ちになるためにお金持ちの人から教わるためにお金を使ったり、教材や本から学ぶためにお金を使ったり、一生涯自分のスキルとなることに投資をすることで、自分のお金に対する専門知識などを強めていきます。

また、お金だけではなく心理学や行動心理学、コミュニケーション法などを学ぶことで自分そのものを高めることにもお金を使うようです。やはり、最初から完璧な人間はそういるわけではないので、自分をより高めるためにもそうしたところにお金を使って学ぶ謙虚さと好奇心を持っているようです。

金持ちほどお金について学んでいる

やはり、お金持ちというだけあってお金について学んでない人はいないといっていいほど、お金という1分野があります。ほとんどの人は仕事という1分野だけに集中して、それによって得られるお金という分野については学ぶ人はほとんどいません。

お金は、ただの物ではなく人間の感情と思考を動かす道具なので、それを上手く使うことが出来ればお金持ちに、上手く使うことが出来なければ貧乏になるという、ある意味分かりやすい性質を持っているようです。

包丁は、一流の料理を作ることも人を刺すこともできる道具になり、お金も同じような道具になります。お金持ちの人はその道具をどう使えば自分と周りを幸せにするかどうかを学んでいます。そして、創ったり増やしたりすることが出来るお金の性質からビジネスや投資も日頃から学んでいるようです。

こう考えると、お金持ちになれるかどうかは1日の時間をどのように使うか、どのような習慣を身につけるかだけではないでしょうか。

元々天才だったり才能があったということは必要ないようで、どんな人でも1からお金について学びお金持ちになることは出来るようです。

人間の考えによって生みだされたお金は、自分の考え方によって生みだすこともできるようです。そのアイディアを形にしていく知恵と行動力、決断力と自信などを持っているのがお金持ちの特徴といえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加