> お金・投資 > 水1杯500円以上する高いお店が生みだす気持ちの満足度とは?

水1杯500円以上する高いお店が生みだす気持ちの満足度とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.07

水1杯500円以上する高級店、それはレストランでもバーでも高級であればどこでも、普通に買うより高値で売られていたりします。それを当たり前だと感じる人もいれば、なぜそんなに高いのか?と疑問に思う人もいて、お金のトラブルにも繋がりやすいものです。

値段の違いは気持ちの違い?

ではなぜこれだけの違いが出るのか、それが分からないと水1杯に500円も払わないといけないと分かったら気持ちが揺れるかもしれません。そもそもそれに見合わない人はその店に行かないほうがいいという意見もありますが、それよりもそこに何を求めているかではないでしょうか。

まずそこに行って不満足を感じるのであれば別のお店に行ったほうがいいかもしれませんし、そこで満足を感じるのであれば何に満足を感じるかを調べてみるのも面白いかもしれません。人がお金を使う時は、自分の望んだ気持ちの変化を得るために使うといわれていて、水の高いお金を払うことがそれだけ高級感を感じられるから逆に良いという人もいるかもしれません。

高級感や優雅な気持ち、優越感などを感じたい人にとって、逆に水が安かったらそれを感じないため、望まれないかもしれません。たとえば、一生に一度しかない結婚指輪は、出来るだけセール品の安いものを選ぶより、もしくはいつでも手に入る安物を選ぶより、高くても思い出に残るようなものが欲しいというのも、それだけ特別な気持ちが欲しいからではないでしょうか。

そうした気持ちの変化が必要なければそもそもお金を払う理由や同じ商品サービスで値段が違う理由が存在しないかもしれません。そう考えると、水1杯500円以上しないと満足しない人がいるというのも納得出来る人の気持ちの変化かもしれません。

逆に水は安いほど良いという人はまた違った気持ちの変化を求めているという違いだけで、自分がどの気持ちの変化を得たいかによって選ぶ水でも変わってくるのではないでしょうか。

どんな気持ちを求めているか?

人それぞれ求めている商品サービスが違い、なぜあの人はあの店に行くのか、さっきの例でいえばなぜ水1杯500円以上もするようなところに行くのか理解出来ないことがあるかもしれません。

ですが、それはどんな気持ちを求めているかを知ればそれが分かり、高級店だったとしてもそれは優雅な気持ちだけではなく親友がやっていて深い繋がりを感じたいから行くという人もいるかもしれません。

なにより、自分の価値観で判断するとそうした本質は見えなくなりますが、シンプルにどんな気持ちを望んでいるからお金を使うという原点から物事を見ればクリアに見えてくるでしょう。お得感を感じたい人はセール品や安いところでお金を使うでしょうし、清々しさを感じたい人は自然に囲まれたカフェに行くかもしれません。

そしてこれが分かれば起業やビジネスにも役立てることが出来て、人間関係でもより相手を理解出来ることになるでしょう。自分と行きたいお店に食い違いがあれば、それは自分と相手が感じたい気持ちが違うところにあります。

そして、値段の高いところに行きたいのであればいつもと違う特別感、いつも通りの優雅な気持ちを感じたいのかもしれません。人の行動の根っこにあるのは感情で、それはお金の使い方にも深い関係があるといえます。

様々な高級品

ですが、こうした商品サービスは見渡してみるといくつか見ることが出来ます。たとえば1杯1万円近くするコーヒー、1万円以上するハンバーガー、そうしたこだわりのあるものは意外とあるようです。ですが、そうしたものを見ていると1つ分かるのが、どれもこだわりや美学があるということで、それに惹かれてくるお客さんも多いようです。

お得感を求めてハンバーガーを食べる人は安くてボリュームのあるものを求めているかもしれませんし、特別感を求めている人は1万円以上するハンバーガーでも食べたくなると思います。そして、その気持ちの変化がそこでしか得られないようなオリジナルなものであれば、そこ以外にその気持ちを満たすことが出来なければ、他にいく理由がなくなりリピーターになるでしょう。

「誰がそんなもの買うの?」と疑問に思うものがあり、それでも売れているものがあればそこにはそうした心理が働いているかもしれません。そして、起業やビジネスをする人もこれを知っていると、最初から高品質低価格という戦略しかないのと、こだわりや美学が人を動かすということを知っているのかでは結果に違いが出ると思います。

いくら高品質でも他が真似できることであれば、やはりそこ以外からも同じ気持ちの変化が得られるという横並びになると、それは価格競争になってしまいます。お金は人の気持ちで動くことが分かれば、投資やビジネス、世界のお金の流れの根底にあるのも人の気持ちが関わっているのが分かってきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加