> お金・投資 > キャッシングでつい借り過ぎてしまう人にピッタリな金銭管理術

キャッシングでつい借り過ぎてしまう人にピッタリな金銭管理術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.08

何に使うのかを考えて借りていますか

とりあえず今月はお金が足らないように思うから・・・というような理由でキャッシングをしてしまっていませんか?もしかしたら借りなくてもなんとかやっていけるということもあるかもしれません。

ただ自分がなんとなく不安だからというような理由でキャッシングをしてしまう人も結構います。でも借りることによって明らかに借金をしていることになるわけですから、本来は負荷なのです。

自分のもう一つの口座だと思っていませんか

いざとなったらキャッシングがあるからというように、キャッシングのことをまるで自分のもう一つの口座のように考えてしまっている場合もあります。でもこれはあくまでも借金なのです。そういった考えは持ってはいけないものです。

返済するということが義務づけられているということにより、却って気持ちが引き締まると話していた人もいました。でもそれは良くないと思います。返済しなくても、今現在のお金でやりくりをするという時にこそ、気持ちを引き締めなければいけないのです。

金利について理解していますか

今現在は出来るだけ低い金利で借りるということを考えていると思います。でももしも延滞などをすると更に金利が上がってしまうのです。そのため絶対に延滞や滞納はしてはいけないということになります。

借りる時は簡単に借りられるけれど、返す時には面倒というようなこともあると思います。返すためにわざわざATMに行くのが面倒ということもあるでしょう。そのためどんどん延滞を繰り返してしまっている人もいます。

本当に払えないという状態なら仕方ないですが、そうではないのでしたら延滞した方が、後々自分の人生において大変なことになるということをよく理解して、延滞しないようにするべきなのです。

延滞した履歴が残ります

きちんと返済をしたということでしたら、それは信頼として履歴になります。でももしも延滞をしたというようなことでしたら、それも履歴として残るのです。そしていくつものキャッシング会社に対して延滞をしたりすると、尚更それが悪い履歴として残ってしまいます。

どうしてもキャッシングがしたいという時に、過去の履歴が邪魔をしてしまうということも多々あるのです。そうなると借入が今後もしづらいということになってしまいます。借入をしたい時に借りることが出来ない人間になってしまうということです。

金銭管理をしっかりするためには

口座もインターネットで管理が出来る時代です。だからこそ金銭感覚がおかしくなってしまうこともあるのかもしれません。重要なのは、家計簿のようなものを書くことです。実際にノートに書くということが面倒でしたら、PCで表計算のようにして表を書いてみるのもいいでしょう。

そして支出と収入についてのことをしっかりと把握しておくことが必要です。今月はこれだけ収入があり、これだけ支出があったというようにして管理をするのです。面倒なことかもしれませんが、慣れてくると収入の方が多かったような月には嬉しいような気持ちになります。

きちんと管理が出来ている自分に対して誇らしく思うこともあるでしょう。そのためにも一度やってみることをお勧めします。もしも支出が続いたとしたら、その時にどうしてもキャッシングが必要な時が分かるでしょう。

こういう理由があるから、仕方が無いというようにして理由もはっきりします。その上でキャッシングをするのなら、必要以上には借りないはずです。必要以上に借りることを避けるためにも、ノートに書くか、PC上で表を作成して収入と支出のバランスを自分でしっかりと把握しておくことが重要です。

借りたものをきちんと返す、当然のことなのです

本来、人に何かを借りたら返しますよね。キャッシングもそれと同じです。それを自分のもののようにしてしまっているからこそ、キャッシングでお金を借り過ぎたり延滞をしたりするのです。借りる時に必要なのは返すことを考えながら借りることです。そうすれば自然と借り過ぎないようになることが出来るでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加