> お金・投資 > 靴がピカピカの人は、営業成績も優秀でお金も集まるという法則!

靴がピカピカの人は、営業成績も優秀でお金も集まるという法則!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.01

靴がピカピカに磨かれている営業は、お金が集まりやすいのです。それは客先に与える印象や、自分の心構えからくる成績の良さが関係しています。靴を磨いてお金に好かれましょう。

靴が汚い人を見ていると、道具を大切に使っていないという印象になりますよね?逆に靴がピカピカな人は、きめ細かい気配りや、道具を大切にするという意味からも、思いやりを持っている人なのでは無いかと、人の一面だけを見て好印象となってしまいます。

例え古ぼけた靴だったとしても、きっちり手入れが出来ているという人もいます。道具を丁寧に使っているから、古くなっても長く使えるという印象を受けます。

そしてこの事は、特に経営者や営業職にはとても重要です。営業職では客先周りをしている時に、靴がピカピカだと好印象を受けやすくなります。勿論、人から好印象を受けるには他の要素も沢山ありますが、靴もその要素の一つではあります。

営業職は顧客に好印象を持ってもらうかどうかで商談のタイミングが増えたり、商談が優位に進みす。ですので、身だしなみや言葉遣い、笑顔や態度など、対応以外の所にもしっかりと気を配っておかなければなりません。

その結果、成績が上がれば昇進や昇給へと繋がるのです。しかし、お客様への印象だけでの効果よりも、自分自身が身だしなみを整える、普段から靴をしっかりと磨くという心がけが自己管理の精神に繋がり、成果を出すための行動に最短距離の道筋を作るのです。

更に、自分が使っている道具に対して感謝を出来る事も大切です。道具に感謝が出来る人は、人にも感謝が出来るので、勝手に人が集まってきます。

靴は自分の足元で、いつも自分を支えてくれている存在です。その靴をないがしろにする様では、感謝の態度は表れません。靴に感謝をしてピカピカに磨きながら大切に使っている人だからこそ、人にも感謝をし、人間関係を大切にして、結果的に人が集まってくる訳です。

その結果、様々な人が様々な情報を持ってきてくれたり、新しいビジネスプランを提案してくれたり、自分に必要な人を紹介してくれたりするのです。こうしてチャンスがどんどん広がって行くのです。

それによって、ビジネスがうまくいく確率が上がったり、既存の仕事に実利をもたらしたりしながら、お金がどんどん集まってくるという善循環を起こします。

人は足元を見るという様な事を言いますが、本当に足元を見られる場合もあります。例えば、購買の担当者が、靴が汚い営業はダメだと思っている場合もあります。勿論全員がこういう判断をしている訳ではありません。ほとんどの人は仕事内容で仕入先に発注をする訳ですが、時々そういう所や、好き嫌いで仕事を出している人もいらっしゃいます。

特に、技術肌の部隊が直接仕入れを行う場合には、こういうケースが時々あります。「そんなのごく一部のイレギュラーパターンでしょ?大半がそんな事をいちいち気にしてないよ」と思われるのが自然かも知れませんが、そのイレギュラーパターンの物件でも、ちょっとした心がけで取りこぼさずに済むのであれば、気をつけておくに越した事はありません。

経営者も同じです。事業を起こしている人が汚い靴を履いていては、最も基本が出来ていないという印象を持たれてしまうかも知れません。経営者は様々な交流会などに顔を出す機会が多いでしょう。そんな時に初対面の挨拶で汚い靴を履いていれば、マイナス印象になってしまいます。

そこでマイナス印象を持つ人が仮に少数派だったとしても、少なくともプラスの印象を持つ人はいないでしょうから、気をつけておくに越した事は無い訳です。足元からきっちりとケジメを付けておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加