> お金・投資 > 毎月の家計、収支でストレス溜まってない?快適な金銭管理を考える!

毎月の家計、収支でストレス溜まってない?快適な金銭管理を考える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.03

2014y03m01d_213826596

毎月なんとなく生活をしているけれど、気がつけば無駄遣いが多くて貯金も溜まらないし大きく損をしているということはあります。将来のためにも今からより計画的に金銭や家計の管理をしていくべきです。最適な金銭管理について考えていきましょう。

今こそ計画的な運用を!

毎月の生活や家計の収支を何となくで切り盛りしていませんか?よくよく予算を組んでしっかりと管理していくと、無意識のうちに多くの無駄遣いをしているものです。こうした無駄遣いや金銭を意識的に管理していけば、貯金もできます。現在でも貯金をしている人であれば、もっと貯金ができます。あるいは別の用途で自由に使えるお金の余裕ができます。それを使って旅行に行くこともできるかもしれません。

今こそ計画的な収支の運用を始めませんか?たとえば一人暮らしの人であれば、いろいろ理想や譲れない部分はあると思いますし、そういうのは大いに構わないと思います。無意識のうちに使ってしまっている無駄遣いを削減できれば、それだけで大きな成果です。たとえば、両親に仕送りをして、自分の将来の貯金もして、それでいてある程度自由に使えるお金と食べるのに困らないだけの食費があるような家計を目指すのもいいでしょう。考えていくだけで理想や夢が広がります。

予算を大まかに決めていく!

まずは、大まかな内訳と予算を決めていきましょう。たとえば、食費は毎月これくらいに、交際費はこれくらい、自由に使えるお小遣いはこれくらいで、各種支払いは・・というように、大まかに必要な出費を決めていくのがコツです。

この時に、あまりギチギチに決めすぎないことを意識します。計画をしっかりするのは大切ですが、お金は細かいですからなかなかぴったりに使うということはできません。毎月予想外の出費もあるでしょうから、赤字にならないように大まかに決めていくのがポイントです。

毎月の各種支払いなど、だいたいの費用が決まっているものに関してはある程度タイトに計画を組んでもいいですが、たとえば交際費などはその月によっていくらかかるかわかりません。食費も外食が多くてかかる月とそうでもない月があるでしょう。また、貯金や仕送りなどは、なるべくおおざっぱではなく、しっかりと固定で決めてしまった方がいいです。残ったお金で・・などというふうに考えていては、結局一ミリも貯金できないということにもなりかねないからです。

毎月自由に使えるお金も大事!

予算や内訳を立てていく時に、忘れてはならないのがお小遣いです。すなわち自由に使っていいお金なのですが、真剣に家計を考えようとした場合に、多くの人がこれは贅沢品だとして減らしてしまう分野でもあります。

自由にお金を使うことは贅沢でも無駄でもなく、必要なことです。際限なく使ってしまうのは問題ですから予算を決める必要はありますが、人間の欲求としてお金やフラストレーションを発散しないとストレスが溜まってしまうだけです。

いくら真剣に貯金をしていきたいからといって、自分の自由を縛ってばかりではいずれリバウンドのように跳ね返ってきて、貯金していたものを全部使ってしまったりといったことにもなりかねません。そうなってしまわないためにも、適度に消費して鬱憤を溜めないようにしていくことが、計画的な家計にも健康的な自分にも大切なことです。

そして、現在自分の得ている収入では十分な理想の計画を立てられないというのであれば、もっと稼いで理想の収入を得られる方法を考えればいいだけの話です。現代ではネットも発達していますし、副業の方法はたくさんあります。+10万円くらいまでなら十分現実的に考えられます。

貯金に充てるお金は絶対に使わない

毎月の家計で大切なのは、収入をまるごと消費することを考えるのではなく、貯金という予算もしっかりと毎月の運用の中に含めておくことです。将来的に必ずしも安定した収入が得られるとは限りませんし、逆に出費が多くなってしまう月もあるかもしれませんから、そうなった時に計画的に運用できるよう貯金はしておくべきなのです。そして、貯金に充てるお金は絶対に使わないように意識していくことが大切です。別に専用口座を作って移しておくといいでしょう。

ちょっとやそっとの痛手で貯金に手を出してしまうようになると、家計の収支計画自体が曖昧となってしまいますし、そのうち、足りないからと毎月貯金を使うということにもなりかねません。そうなってしまっては全くもって意味がありませんから、貯金は毎月しっかりと同じ額だけ貯めていくようにするべきです。

意志が弱いようであれば同じ銀行で定期預金口座を組んで毎月自動的に移されるようにしておいてもいいかもしれません。貯金をしておけば、万が一の赤字でも借金をしなくて済みますので、だいぶマシです。

お金の貯めかたと使いかたは一心同体!

最後になりますが、お金を貯めることと使うことは一心同体です。お金を計画的に貯めていこうと考えたり、自分が満足に生活していける収入とその使いかたを考えた時に、結局のところ使いかた次第でなんとでもなってしまうわけです。

どんなに他人から羨ましがられるほど稼いでいたとしても、それ以上に毎月浪費をしていれば結局貧乏人です。必要なお金を得てそれを運用していくには、おのずとお金の正しい使いかたを学んでいく必要があります。それでなくてはいくら収入が増えても生活が変わらなくなってしまいます。将来のためにお金を貯金していこうというのであれば、尚更です。

たとえ計画的に貯金をしていけたとしても、ふと貯まった大金のことを考えて、「何が買えるだろう?」と考え始めてしまえば、今までの努力が水の泡になってしまうかもしれません。必要な貯金を必要な時に必要な額だけ使っていくためにも、正しいお金の使い方を学ぶことはとても重要です。お金持ちになりたいと思うのであればなおさら、お金の稼ぎかたよりもまずはあるお金で満足に生活をしていける暮らしかたを考えていくべきなのです。そうでもしないと、生活が崩壊しかねません。それだけ強い力を持つのがお金です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加