> > 携帯料金高くない?ある工夫をすることで安く電話を使える方法

携帯料金高くない?ある工夫をすることで安く電話を使える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.08

gf1120333515l

携帯の通信速度が上がり、LTEやXiなどより高速でインターネット環境が楽しめるようになってきました。ですが、そんな携帯でも料金が高くて困っている人も少なくないようです。例えば、電話をほとんどしない人でもネット通信だけでかなりかかったり、ネット通信しない人でもメールをするだけで思った以上にかかったり。

パケット通信料が定額や使用量に応じて変動するというものは、過去全くそういった制度がないころに比べるととても便利になりましたが、通信速度の向上などによって値上げやプランによって値上げなどもあるようです。ですが、色々な組み合わせで料金を抑えることが出来ます。

1.ワイマックス+アイポッドタッチ

ワイマックスとは、携帯できる電波受信機のようなもので、アイポッドタッチのように電話機能がない端末でもワイマックスと組み合わせることでメールや電話が出来るようになります。

ソフトバンクなどの専用メールは使えませんが、gmailやyahooメールなどのフリーメールは使用できますし、050の番号を自分専用にもらえるアプリもあり、使い方によっては電話と全く変わらず使用出来ます。

なぜこれが安いかというと、基本使用料やプランによっての金額などがかからないため、ワイマックスの月額3880円と050アプリの月額300円前後の料金しかかからないからです。

また、050アプリ他社の携帯料金よりも安いため、節約にもなります。また、パソコンを外で使いたいという人には相性バツグンで、これ以上お金をかけることなくワイマックスの電波がつながるところであれば、どこでも使うことが出来ます。

これを携帯と合わせて使うと、ワイマックスと携帯を個別に持つことになるので、毎月1万円以上かかりますが、4000円前後で収めることが出来ます。

2.wifi機能を持った携帯+タブレット端末

今、携帯でもwifi機能を搭載して、タブレット端末などでネット通信が出来る携帯も登場しています。これがあると、携帯として電話やメールが出来ることはもちろん、タブレット端末などで本格的なネット通信が出来たり、パソコンをどこでも使うことが出来るなど自由度が広がります。

速度もワイマックスと同様、40Mbpsなど出るものもあるので、ユーチューブなどの動画もサクサク見れるようです。タブレット端末にはすでにパソコンのように高機能なものが出てきていて、美麗なグラフィックはもちろん、搭載しているCPUも本格的なものになってきています。将来的にはタブレットタイプのパソコンが増えてきそうですね。

3.ワイマックス+タブレット端末

タブレット端末でも小型でアプリを入れると通話が出来るものも出てきているので、アイポッドタッチではなくても通信することが出来ます。ワイマックスを最近の通信サービスと比べると、40Mbpsは最速ではありませんが、メリットとして通信量の制限がないということがあります。

他の通信サービスでは70Mbps、もしくはそれ以上スピードが出るものもありますが、それらには一定量使うと通信速度を落とす制限がかかっています。落ちてしまうと10Mbpsも出ないものもあり、安定して使うことが出来ないというデメリットが現在では存在するため、値段と安定性を考えるとワイマックスが現在では有効に使えます。

アイポッドタッチはタブレット端末の中でも最小で楽しめるので、ランニングや持ち運びに便利ですが、それはあまりメリットにならない人で、より大型で楽しみたい、自由度が高い機器が良いという人であればアンドロイド端末なども効果的でしょう。

専門用語や色々なプランが飛び交っているので、考えること自体が面倒になりそうですが、よくよく考えるとより安いプランで自由度が高いものが選べ、自分でコントロールしながら生活できそうです。

特に携帯電話など毎月お金がかかるものは、一月ベースで見ると大した金額ではないかもしれませんが、年間ベースで見ると大きなお金がかかっています。今は携帯会社によって自分にあったところを選べるようになっていて、電話を沢山する人はこの携帯、メールを沢山する人はこの携帯と、より安く選べるようです。

月額4000円で済ますのか、1万円で済ますのかでは、年間72000円と大きな差額になります。72000円も年間で使えるお金が増えるとしたら、より自分が欲しいものにお金を使うことが出来るのではないでしょうか。自分に合ったプランを選んでより安心して楽しいインターネット生活を送りたいものですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加