> お金・投資 > これを知るだけで損する事は減る?生活に活かせる株式投資の法則とは

これを知るだけで損する事は減る?生活に活かせる株式投資の法則とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.22

アベノミクスに便乗して、株式投資をする人が増えて来ました。株式投資の基本は、安く買って高く売る事ですが、簡単なようで実はとっても難しいのが株式投資です。

何が難しいのかといいますと、買うのは簡単ですが、売るのがとっても難しいのです。人間誰しも、沢山儲けたいと思いますよね。株が上がってきたら、欲をかいてまだまだ上がるだろう、と絶対に思うはずです。売りどころというのが本当に難しいとは、どこで自分に線を引けるかという事に尽きます。

どこまでだったら満足出来るか。まだ上がるかも、まだ上がるかも、とずるずる持っていると、後で大暴落して売るに売れない状況に陥ってしまう…なんていう事にもなりかねません。

一番危険なのが、まだ上がるかも、ともう既に高値まで上がってしまった株に手を出す事です。毎日ストップ高を重ねている株についつい手を出し、明日もいけるかも、なんて思っていたら翌日からストップ安の連続なんていう事になってしまった、なんていう話は幾らでもあるのです。どこで買って、どこで売るのか。これに尽きますね。

株の格言で、頭と尻尾はくれてやれ。というものがあります。これは、まさに株式投資の王道とも言われる格言なのです。つまり、まだ動くかどうかも判らない初期段階の株を買っても儲からないので、少し動き出した頃に買い、そしてある程度上がった時点で満足してそこで売ってしまおうという格言です。

いつまで、そしてどこまで上がるかなんていうのは神のみぞ知る世界です。明日はどうなるかなんていうものは、誰にも判らないのです。勿論、チャートを見れば判る事もあります。ですが、下地、つまりその他の要因である海外の為替動向なども大事になってきますし、色々とチャートからだけでは読めない事も出てきます。

極端な話ですが、リーマンショックなどのような事になり、全ての株式がストップ安に近い状態になる。などという事もいつ起こるか判らないのです。なので、分散投資は必ず必要ですし、株式投資は余過剰資金でやるに尽きます。

そして、もう一つ大事なのは、儲かったらその分の幾らかは、株口座から引き出し、定期預金に入れてしまうのです。そうする事によって、損する事が減っていく事になります。

儲かったお金をまた更に株式投資に回しているようでは、株が下がった時にかなりの損失を出してしまう事になります。そうならない為にも、儲かった分の何割かは引き出して、有効に使うようにしましょう。

少しずつ、損をしない為の株式投資を身につけていけば、どんな時代になっても、損する事無く株式投資出来るようになるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加