> お金・投資 > 自分のファンを増やして、やりたいことでお金を稼ぐ方法

自分のファンを増やして、やりたいことでお金を稼ぐ方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.26

全くお金にならないことでも、ファンがいることでお金になった事例は沢山あります。それは、どの仕事も初めはそうでした。

美容室も飲食店も、今ではお金が稼げるモデルということは知られているので、稼げるかどうか分からないという気持ちはそこまで大きくありませんが、どんなことでも始めた時は稼げるかどうかも分からないのにやり出すようなものです。

なので、どんなビジネスでも自分のファン、自分を信頼してくれる人、求めてくれる人がいるということになります。歌手や芸能人、選挙や俳優などもファンによって支えられているということがあります。

ですが、ファンと聞くと能力がある人しか集められないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。普通の人がファンを集めてお金につなげる事例は沢山あります。

ニーズを満たす方法を考える

人が人のファンになる理由の1つは、ニーズが満たされるからです。ニーズとは、人間が求めている心の動きで、それは物だけではなく人と人との間でも満たすことが出来ます。友達と一緒にいることが楽しく感じるのは、他の人と繋がりたいというニーズが満たされるからで、恋人もこれと同じことがいえます。

逆に、他の人とつながりたくないと思っている人は、心の安定を失う可能性があるため、安定というニーズが満たされないということで、一人でいるほうが楽だという選択をします。これは、人それぞれ違っていて、それもニーズより深い部分が根元になっているので、ニーズの満たし方は無限といえます。

なので、ファンを増やす方法も無限といえます。あやとりをして夢中になる人もいれば釣りに夢中になる人もいる。自分からしてみればそれが楽しくてしょうがないことも、他人からすれば全く楽しくないこともあります。この違いが、持っているニーズの違いということになります。

なので、自分で他の人のニーズを満たす方法を考えることが出来ます。どういったことでファンを集めたいのかによっても違いますが、たとえば、ただ道で本をドラマチックに読むことでファンを集めて、それで月に10万円以上稼いでいる人もいます。

全国の葉っぱを集めて億単位のビジネスをしている人もいます。ドアノブだけに特化した店をしている人は、世界的に有名になっています。アリを追求している人は、アリだけで有名になりました。そうした人を探してみると、実に沢山いることが分かります。

有名になっているということは、どこかからのキャッシュポイントを生みだせる可能性が高いということが分かります。たった1つの赤いクリップを色々なものと交換して、テレビで取り上げられるようになり、最後は家と交換することが出来たという人もいます。

自分の夢中になれることをやる

ファンを集めるには、自分のやる気や情熱が重要です。いくら良いものを持っていても、自分がそれをやろうという気持ちにならなければ、ファンを集めることが出来ないでしょう。ですが、明らかに周りが受け入れてくれないようなものでも、自分の情熱で夢中になってそれをやっていると、その情熱に周りの人が惹きつけられてきます。

世界的に有名になっている人たちも、最初は自分だけがワクワクして周りからは批判されていて、それからその情熱がだんだんと伝わって、今の飛行機や電球、ディズニーランドなどが出来ています。

自分の大好きを追求していけば、それほど大きなものになるのですから、日銭を稼ぐぐらいなら自分の大好きで夢中なことで稼げると思いませんか。

多くの人は小さいころから「好きなことで稼げない」ということを周りから教育されているので、それが現実として認識する信念を持っています。その信念を変えないと、自分が夢中になれることをやっていても、気持ちが悪かったりすることもあるので、自分に夢中になれることをやる許可を与えてあげることがとても大切です。

どんなモデルがあるかを知っておく

新しいアイディアでファンを集めていくことは大切ですが、その前に今までどんな人がどんなことをやってファンを集めていったのかを知っておくと良いでしょう。どんな人でも批判や金銭面などの壁がありながらも、ゆっくりと解決して前に進んでいった人ばかりです。

自分がそうしたモデルを知らないのと知っているのとでは、批判などを受けても、受けるダメージが違うでしょう。自分がやりたいことは何でしょうか?そして、それに近いことでファンを集めている人はどんな人でしょうか?

そして、そうしたことを組み合わせていって自分しか出せないオリジナルを出すとしたらどんなものでしょうか?そうしたことを考えていくと、わくわくしてくると思います。後は、そのわくわくを大事にしながら、自分の心のブレーキと上手く付き合っていくと、想像が形になっていくでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加