> お金・投資 > クレジットカードのすすめ!用途ごとに最適なカードを選ぶ!

クレジットカードのすすめ!用途ごとに最適なカードを選ぶ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.18

2014y03m17d_192647550

暮らしに便利なものとして、クレジットカードがあります。クレジットカードは色々な会社から発行されていますし、機能性や特典もものによって様々ですから、自分の用途にあったメリットの多いカードを選んでいく必要があります。今回はそんなクレカについて解説していきます。

クレジットカードってどんなもの!?

現代ではクレジットカードやカードローンなど、似たようなサービスや様々なシステムがあり、本来の用途がわかりづらくなっているシステムも多いですが、クレジットカードとは本来どのようなものなのでしょうか?

まず、クレジットカードの本来の役目は、カードローンやキャッシングなどのような借金ではありません。クレジットカードは、現金決済の代わりとして代金を後払いにするシステムの一つです。クレジットカードを提示することで、その場では現金を使わずに後日まとめて口座から引き落とされるという仕組みになっています。

これによって現金をいちいち出してお釣りをもらうという面倒な手続を省略できるだけでなく、あとからまとめて引き落とされますので、効率的に収支を管理できるツールでもあります。

近年では公共料金の支払いにもクレジットが使えますので、様々な出費において便利に利用できるのです。そして、クレジットカードが最も利便性を発揮するのは海外です。海外ではその国の通貨をもたなければいけませんが、クレジットで決済をすることで、現地通貨ではなく共通のカードで決済ができるのです。

国際ブランドとは?

クレジットカードを発行している会社は今や星の数ほどいます。その数は、国内でも金融系の企業からショッピングモールや様々な業種の企業がカードを発行していますので、カードローンやキャッシングをおこなっている金融の数とは比較にならない量です。

しかし、クレジットカードを大元で発行しているメーカーは実は世界的に見てもたったの数種類しかないのです。それが「国際ブランド」と呼ばれるもので、国内でもVISAやJCB、マスターカードにアメリカンエキスプレスなどの業者が有名です。

クレジットカードを作ると、必ずカードにはこれらの国際ブランドのマークがついています。そして、この国際ブランドこそがクレジットカードを便利にしている大元なのです。

世界でも共通でクレジットカードを利用できるのは、世界共通で加盟店や加盟国を増やしているこれら国際ブランドの力があってこそのものです。そして、これらの国際ブランドはどれでも同じというわけではなく、どこでどのように利用したいのかによってメリットや得意分野が変わってきます。世界で現在もっとも多くのシェアを誇っているのはVISAです。

発行会社によって特典や機能が違う!

クレジットカードの基本機能は、現金決済の代わりとして信用を売りにカードで後払いをするというシステムですが、発行する会社がこれほど多くあるにつれて、様々な特典も付帯されているのがクレジットカードです。そして、発行する業者によってその特典や機能性が変わってきます

たとえば、ショッピングモール系のクレジットカードではポイントサービスや景品との交換、5%offなど、そのお店での買い物に便利な機能が多数付帯されていたりします。

消費者金融などの金融系のクレジットカードでは、キャッシング機能がついていてそれを低金利で利用できたり、海外に強いクレジットカードでは、海外で使える様々な保険が付帯されたり、マイルが貯まるなどの特典が受けられる場合もありますし、ネットショッピングやオンライン決済に強いカードも存在します。これらのクレジットカードをどのように使っていきたいのかで、選ぶカードや発行会社を選んでいくと良いでしょう。

海外で使うのか国内で使うのか

クレジットカードを選ぶ基準としてまず第一にあげられるのは、その基本的な機能の使いかたです。国内を中心に使うつもりなのか、海外で多く利用したいのかなどによって選ぶカードが変わってくるのではないかと思います。

国内で利用するのであればJCBはとても強いですが、海外ではJCBのシェアはあまり多くなく、期待することは難しいでしょうし、VISAやマスターカードであれば国内外を問わずシェア数が高いので、便利に利用できるでしょう。

また、飛行機をよく利用するのか、頻繁に海外旅行などへ行くのかによっても、どのカードが便利かは変わってきます。空港のロッジを無料で利用できる特典が付帯されたものや海外旅行で便利な保険が付帯されるもの、さらには国内で使用するのであればよく利用するショッピングモールで便利に利用できるなど、特典の幅も広いので用途にあわせてしっかりと選んでいく必要があるでしょう。

クレジットカードに備わっているキャッシング機能は基本的にオマケのようなもので、しっかりと利用できる事は間違いありませんが、近年のカードローンなどを別に組んだ方が金利や条件がいい場合も多いです。

ゴールドカードと年会費

クレジットカードには一般カードとゴールドカードがあります。ゴールドカードを発行するには、特定の条件を満たしていなければいけないという会社もありますが、基本的には年会費が高いのと審査が厳しいくらいで、あとは誰でもゴールドカードを発行していくことができます

しかし、ゴールドカードは年会費が必ずかかりますので、本当にゴールドカードを使った方がお得なのかどうかを考えていく必要があります。クレジットカードには一般カードでも年会費が無料のものとそうでないものがありますが、これらの大きな違いとしては、特典や付帯されている保険や各種サービスの質が違います。

無料カードよりもゴールドカードをはじめとした有料カードの方が特典が充実しているのはいうまでもありませんが、年会費の元を取れるのかどうかをよく考慮して、はじめのうちは無料のカードから作っていっても損はないでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加