> お金・投資 > 大人の男に持っておくカードローンのすすめ!用途と金利で選ぶ!

大人の男に持っておくカードローンのすすめ!用途と金利で選ぶ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.05

2014y03m05d_014254714

生活に密着した借入方法は沢山ありますが、その中でも特に便利で現在の主流となっている借入方法に、カードローンがあります。カードローンは非常に便利ですが、デメリットもリスクも多いです。また、用途にあわせてしっかりと選んでいく必要があります。

カードローンとは?

暮らしに便利な借入方法は沢山ありますが、その中でも特に生活の主流となっている借入方法にカードローンがあります。カードローンはカードを利用する借入方法で、その他のキャッシングや各種ローンとは違います。

特に「ローン」と名前がついていますが、その他のローンとは全く別物のサービスです。ローンは商品に対して組まれる分割支払いなのに対し、カードローンはカードに対して組まれる分割支払いだと考えられるでしょう

カードローンは現金を直接借りられるという点では、キャッシングに近いものを持っています。しかし、キャッシングと違い、各種ローンと違うのは、カードに対してローンを組むことができて、カードでキャッシングをするという点です。

通常のキャッシングでは、現金の借入ごとに審査をして、借入た額に対して返済していきますが、カードローンはカードに対しての審査になるので、一度カードを発行してしまえば、その利用限度額まで何度でも借入ができます。それも毎度の借入に審査は不要で、コンビニATMなどで365日24時間の借入ができるのです。

カードローンのメリット

カードローンのメリットはたくさんあります。まず、先ほども説明したように何度も審査をする必要がないことが挙げられます。一度カードの利用限度額に対して審査がおこなわれるので、カードを持ってしまえば、そのカードの限度額までは審査が降りていることになります。

何度でも限度額内であれば借入をすることができますし、借入をしないでカードだけ持っていても無料でお金はかかりませんので損はありません。その都度審査や特定の金融での手続が必要ないので、コンビニATMなどで365日24時間いつでも借入ができますから、終電を逃してお金がなくて銀行もやっていないという時にも便利です。

カードローンはローンという分割支払いのメリットと、キャッシングという現金を直接使えるメリットを足しても、もっと便利な融資制度だと考えられます。また、キャッシングと違ってカードローンは銀行系が中心となっておこなっている融資制度ですから、消費者金融よりも低金利で高額な融資も期待できます

カードローンのリスク

一方、便利なものには裏があります。利便性の高いものにはそれに見合ったリスクも沢山あるのです。カードローンのリスクは、その利便性の高さだといえるでしょう。何度でもキャッシュカード感覚でお金を借りられるので、そのうち借金をしているという感覚すら薄れてきてしまいます。

カードローンに慣れてくればどんどん借入をしてしまうようになり、知らない間にたくさんの借金ができていても、毎月の返済額はそのカードの総額に対して組まれていることが多いので、どれだけ借りても限度額内であれば返済額は変わりません

こうした返済額を自分で自由に設定できて、毎月の最低返済額さえ払っていればいいというシステムを「リボルビング払い」というのですが、便利に見えて知らない間に返済額とそれにつく利息が増えていくことになりかねません。とても危険です。便利で柔軟なサービスほどより多くのリスクがありますから、よりしっかりと検討して計画性を自分自身で持って借入していかないといけないのです。

銀行系と消費者金融!

また、カードローンをはじめとした多くの融資制度にはそれぞれ借り入れる金融によってサービスや条件に違いがあります。貸付をおこなっている最も有名な金融が銀行と消費者金融で、大抵の場合はこのどちらかからお金を借りることになりますが、これらのどちらからお金を借りるのかはとても重要です。

そして用途にあわせて最適な方を選んでいく必要があります。まず、銀行系は金利が低く設定されていることが多く、良心的で銀行ならではの知名度と信頼性、高額な融資も期待できます。とはいえ柔軟性や融通はあまり利かない傾向にあり、即日融資などは消費者金融と比べてニガテです。

銀行系の金利の目安としては14.5%前後が相場となります。一方、消費者金融は18%前後が相場となり、銀行と比べると圧倒的に金利が高いです。しかしながら、素早い融資と利便性の高さは流石で、無人店舗やCDからの借入、ネットやコンビニなど柔軟に対応しており、30日間の無利息期間などをつけているのもこの消費者金融の持ち味です。即日融資にも対応しているため、とにかく急な出費で素早く借入をして30日以内に全額返済するというような場合では、消費者金融の方がお得です。

カードローンは即日融資に強い?弱い?

カードローンは即日融資にも非常に強い借入方法です。しかし方法を間違えば、ローンやキャッシングなどよりも一番即日融資に弱くて使いづらい融資にもなってしまいます。

即日融資に強いのはキャッシングや各種ローンも同じで、キャッシングは消費者金融系のサービスですから、素早い融資が可能なことはもちろんで、ローンもショッピングなどで組む場合に素早い借り入れができなければ意味がありません。ですから、これらのサービスはだいたい即日融資も可能となっているのが標準です。

しかし、カードローンの場合はカードを利用します。その日に申し込んでその日に利用するということがまず不可能なのです。カードを発行して、カードが手元に届いて初めて使用することができますから、即日で審査は通っても、カードの発行と郵送に数日かかってしまうのです。

ですから、カードローンでは事前に作っておくことが一番の方法で、カードさえ手元に持っておけば、いちいち借入の際に審査が不要で、しかもコンビニなどでも素早くいつでも借りられるカードローンは一番の即日融資になります。急な出費に対応させたい場合は、カードを事前に手元に持っておくことだけ忘れずに対応していけば良いのではないかと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加