> お金・投資 > お金稼ぎの塾の入るときに注意したい3つのポイントとは?

お金稼ぎの塾の入るときに注意したい3つのポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.01

インターネットを見ていると、お金を稼ぐための方法を販売しているところが多くみられ、それを専門に沢山取り扱っているサイトもあるほどメジャーになりつつあるようです。

出始めたことは興味本位で手を出す人が多く、販売する側は詐欺のような情報を販売しても個人で何千万円と稼げていたこともあったようですが、今ではそうした詐欺情報にも敏感な人が増えているため、昔ほど胡散臭い業界ではなくなってきました。

事実、書店に並んでいる雑誌に載っていたり稼いでいる人が書籍として大手出版社と契約して本を出したりと、インターネットでお金を稼ぐことの潔白さが明らかにされています。

それでも、やはり教える側と教わる側、それもインターネットを通しているので上手く稼ぐことが出来ない人が出るのも確かなようです。その中でも高額な塾なども存在し、全面的にサポートしてくれる分、値段が高いことが多いです。そうした塾を選ぶときにどうすればよりリスクを下げることが出来るのでしょうか。

注意1:全体像をしっかり調べる

塾のみならず、インターネットで情報を販売している人の長いホームページの文章を最初から最後まで見ると、上手い文章は欲しくなるように書かれていることがほとんどです。なので、それを全て信じてしまってつい買ってしまったという人も多いのですが、それで失敗する人も多いです。

成功する人は、すでにそうしたセールスに感情が動かされるよりも、自分に足りないところを補うような形で買うことで結果を残すことが出来ているようです。ですが、初心者の方でも稼げている人がいるのですが、まず大切なのは全体像をしっかり調べるということです。

どういうことかというと、どんなビジネスでも全て自分のやりたいことばかりというものはないと思います。たとえば文章を書くのが好きだったとしても、セールスするのが苦手だったり、頭でビジネスプランを考えるのが得意でも体を使って単純作業をするのはどうしても出来ないということだったり。

塾の全てをやれば稼げるといっているものでも稼げない人がいるのは、途中でつまづいてそこから進めないという人が多いようです。なので、塾の全体像を見て、始めから稼ぐまでの流れの中で自分がつまづいてどうしても先に進めないようなところはないかを調べてみてください。

お金がないのに広告費が必要な塾に入っても物理的に難しいかもしれません。人と話すトラウマがあるのに対面セールスをするのは難しいかもしれません。そうした冷静な部分から見ることが出来れば、より稼げる確率は高くなるでしょう。

注意2:信頼出来る人かどうか

本を書いていたり雑誌に載っている人でも、信頼出来ないという人もいるようです。その人自体が信頼出来ないというより、その人と自分が違うのに無理やり押し付けて教えようとすることが、騙されたと思ったりついていけないと思う人が出る原因のようです。

実際、目標達成には2種類の人間がいるといわれていて、1つは目標を何が何でも達成出来る人、もう1つはマイペースに進めていって流れに流れて達成出来る人。そして、塾を教えている人が自分と違うタイプの目標達成タイプなら、その人から教わるのは辛いことに感じるかもしれません。

「やれば出来ます!」と言っている人は自分の言っていることを信じて疑いませんが、自分が熱くなることで冷める人が存在するという深い人間心理を理解している人は少ないようです。

表面的な信頼だけではなく、感情的に安定している人なのかなど、人間性としての信頼も出来る人を選ぶことが出来れば、自分がつまずくことがあっても自分の力を引き出してくれる素敵な存在になると思います。

注意3:自分に合っている内容か

これは基本ですが、コツコツした作業が向いている自分、人と話すのに向いている自分など、自分に向いていることをやるのはとても大切です。お金が稼げるからといって自分が苦手なこと、特にトラウマがあってやろうと思っても出来ないことが絡んでいるのであれば、稼ぐのは難しいかもしれません。

ビジネスはコミュニケーションなので、インターネットでラクラク稼げると聞いて「人と会わなくてもいい!」ということに惹かれるのであれば、それはサイトだけで完結する稼ぎ方などを選ぶほうがいいでしょう。

どうしてもコツコツ作業をするのが耐えられない人であれば、サイトをコツコツ作る塾に入ったとして、いくら講師から「頑張ってください!」といわれても、続けることは難しいと思います。

塾といっても高額なものばかりなので、どれだけ本気度が高くても感情的なブレーキが強ければ、続けることは難しいでしょう。なので、自分に合ったものを選ぶことが出来れば、それだけお金をかけた対価として、理想の収入源を得ることができるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加