> 恋愛 > 雑貨屋で女性からのポイントを稼ぐ3つの秘策とは?

雑貨屋で女性からのポイントを稼ぐ3つの秘策とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.06

何故に、女性はあんなにも雑貨屋が好きなのであろうか?一つは、比較的低価格で、いくつも自分の気に入ったデザインの物が買えるという点。後は、自分の城である家に備える物なので、自分の目に見える所に置く事ができ、いつでもそれを楽しむ事が出来る点も挙げられる。

女性は、可愛い小物や綺麗な小物に本当に弱い。男性としては、長時間立ち尽くし疲れてしまうという所も否めないが、ここを一緒に楽しめるかどうかというのは、女性にとっても大きな所かも知れない。今では色々な所で見かける雑貨屋を上手く利用して、女性のポイントUPに繋げて行く方法を考えて行きたい。

女性は、やはり家を守るという規則に縛られている

女性からしたら、縛られているという様に感じてはいないと思う。しかし雑貨屋の女性達と来たら、まるで何かに取り憑かれているかの様に一心不乱でそこにある雑貨を物色している。最近は、昼間はパートに出かけている女性もかなり多くなって来たが、それでも女性が家に執着するのは、本人達さえ気がついていない「本能」の様な物だろう。

大半の男性は、何故あんなに長時間居ても疲れないのか不思議で仕方ない所だろう・・・。しかし、女性にとって雑貨屋にいるというのはもはや「趣味」であり、「現実から開放される時間」でもある為、一種のストレス解消の場所にもなっているのだ。

これを理解していてあげないと、自然と「面白くないな」「まだ時間かかるのか」と頭の中を不満が支配し、やがてそれが表情に出てしまう。そしてその表情を見た女性が、結果「萎えてしまう」訳だ(笑)。ここは、一つ、「参加型」を意識して積極的に自分も楽しめる様に、一緒になって物色してみるのが得策だ。

女性が気にかけている商品を覚えておく

数ある商品の中でも、何度も見ている物や「可愛い」や「綺麗」のフレーズを連発している商品は、是非チェックしていこう。物によりピンからキリだが、基本的にはそんなに高価な物ばかりがある訳ではないので、その「お気に入り商品」を手に取り、「せっかくやからこれ、プレゼントするわ」ぐらいの勢いで、女性にサプライズするのも悪くない。

高価な物なら女性も断るだろうが、リーズナブルな商品であれば、好意を無駄にするという事も割かし少ないはず。これも参加型作戦の一つではあるが、「自分も同じ物が気になっていた」という共感の部分をアピール出来る。同じ価値観と感じてもらい、フィーリングが合うと感じもらうのは、女性との付き合いの中でとても大切な事だ。

暮らしの中の物なら尚更、「この人と一緒にいたら、家具選びや、雑貨選びが楽しいのかも?」と感じてもらえれば、それは高得点だ。当日プレゼント出来なくても、仲が深まってからサプライズでプレゼントするのにも使えるので、しっかりと注意を払って女性の反応を見ておきたい所だ。

女性の特徴を知る事で、戦う方法を思案出来る

物を買うという事は、ショッピング好きの女性からすれば、出来る事なら毎日でも行いたい楽しみだ。可愛い物、綺麗な物、めずらしい物に囲まれる事は、常に心をときめかせ、それらを所有したいという購買意欲を掻き立てる。

雑貨屋は、一つの物の単価が比較的安い為、物を買う事にあまり抵抗感がない。本当は、ブランド物の一つや二つぐらい購入してあげたい所だが、それは経済的に余裕のあるジェントルメンこそ可能な技だ・・・。だから、あえて雑貨屋に赴き、低価格で女性のニーズを満たす商品を探す訳だ。

そしてここでは、女性の趣味や好きな物のデータを取る事が出来る点がとても大きい。女性は、好きな色に囲まれたいとか、好きなデザインの物に囲まれたいという願望が強く、それが手に取る商品に反映される。

つまり、そこからその女性のセンス、物に対する考え方等が見えてくる訳だ。これは、その女性を知るには持って来いの作戦なので、是非活用して欲しい。

雑貨屋というと、あまり立ち寄らないという男性も多いだろう。しかし、ふと立ち寄ってみると、そこは女性達の巣窟だ。女性達の追い求めている生活や物の「今」をそれとなく感じる事が出来る。女性の多い場所にさりげなく、違和感なく入り込めるスキルも女性にモテる為には必要なスキルではないだろうか?

自分の楽しめる雑貨屋に案内してあげるのもデートの幅が出来て良いと思う。是非、未知なる領域に財宝を探して、その一歩を踏み出して欲しい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加