> 恋愛 > 魅力的でもご用心。職場恋愛には罠がいっぱいです

魅力的でもご用心。職場恋愛には罠がいっぱいです

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.06.24

学生時代の恋愛

学生時代、通っていた学校が男子校でさえ無ければ、多くの人が同年代またはその前後の年代の異性への恋心を抱いた事でしょう。成就しようともせずとも、それは勉強なんか放っておいても考え続けたいほどの、魅力的なものだったかと思います。

ある人は、プライドも捨て去って積極的にアプローチしたり、またある人は、シャイでなかなか口には出来ないながらも、心の隅で思い続けていたりと、その形も様々だった事でしょう。

ハートブレイクしても、そこは若さで何とか出来るので、何かと経験しておくに越した事はありません。ですがそれも、若かりし頃であったからこその特権です。大人になり、社会人と言う責任も背負いながらとなると、ただただ勢いだけで楽しむわけには行かないのです。

制限された環境だからこそ

ですが、だからこそ盛り上がるんですよねぇ。周囲にバレては問題になる。さらには、働く環境さえ失いかねない…。それが不倫などと言う禁断の関係であれば、尚更です。

あえての危険を冒して愛を育み合う。それが成就した時には、そこまで重い障壁も無かった学生時代のそれとは比べ物にならないほどに、達成感がある事でしょう。

ですがそれは、決しておすすめ出来ません。その訳を、以下のいくつかの項目に分けた解説で、ご紹介したいと思います。職場恋愛には、デメリットの方が圧倒的に潜んでいます。

1.言いふらされるかもしれない…

相手の事をあまり知らず、にもかかわらず、偶然一緒になったプロジェクトで恋に落ち、積極的にアピール…。一見、ストレートな好意の表現で、むしろ爽やかな形の様にも思えますが、こう言った若い考えは、危険です。

別の課の女性などであれば、尚更です。あなたの突然のアピール、もしかすると、仲間や上司に言いふらされているかもしれませんよ。

女性は元来、何か秘密を持つと、言いふらしたくて仕方が無くなる生き物です。ことこう言った禁断の職場恋愛のケースにおいては、尚更です。

さらには、上司から重役、重役から管理職へ…と、あなたの立場を簡単に揺るがせる人間にも話は及びかねません。

2.周囲の声が気になって仕方が無い…

そう周囲にその事が何らかの理由で知れ渡ると、次にあなたを襲うのが、肩身の狭い毎日です。

あなたとあまりつながりの無い社員までもがあなたを遠目に見てひそひそ笑っていたり、「あの人と絡むと危険…」と言った伝達が別の課などでされていようものなら、あからさまに避けられます。さらには仲間である自分の課でも、変な目で見られたり、はっきりいって苦痛の日々以外の何でもありません。

また、関係の無い話ですら、まるで自分の事を噂されている様な感覚を覚えます。ストレスはとてつもない物となる事でしょう。

3.多大な迷惑をかけてしまうかも…

そして、職場恋愛で一番キツいのがこれです。自分だけならまだしも、自分の想いのせいで、相手女性にそんな肩身の狭さを感じさせてしまう場合です。

女性側は何もしていないのに、あなたとの関係を噂されて、仕事どころじゃなくなり、挙句の果てそれに耐え切れず、辞めざるを得なくなってしまう事も考えられます。

「あの女性社員を辞めさせた男」そんなレッテルが貼られたあなたは、もう会社に居続ける事はかなり難しいでしょう。

魅力的ではありますが

メリット面に比べ、そういったデメリットの方が圧倒的に多いのが、職場恋愛なんです。そのまま成就して結婚まで至った…そんなケースも世の中少なくは無い様ですが、無難に賢く働き続けるなら、やはり極力は、避けるべきと言えるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加