> 恋愛 > 簡単には割り切れない、ツラい失恋から立ち直るための3つの方法!

簡単には割り切れない、ツラい失恋から立ち直るための3つの方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.18

片思いの失恋や付き合ってからの失恋など、恋愛にもいろいろあるのと同じで失恋にもさまざまな場面があります。

また「付き合ってしばらくしたらどちらか片方の恋心が冷めてしまう」パターンが一番多いそうです。中には結婚の約束をしていたのに別れてしまうケースもあるそうで、その時のもう片方の人の気持ちを考えただけでもいたたまれない思いでいっぱいになります。

いつまでもくよくよしていてもダメだとわかっていてもフッと別れた相手の事を考えてしまい「もう他の男(女)と付き合ってるのかもしれない」とネガティブになるようなことを考えてしまったり、そう簡単に傷が癒えるものでもないですよね。

もし今まさに落ち込んでいるのでしたら、この方法で楽になれるかもしれません。

失恋から立ち上がるには

①思い切って部屋を掃除する

思い立ったが吉日!思い出の物が残っているといつまで経ってもその人の事を思い出してしまいます。それは日が経つにつれて捨てづらくなってしまいますので、思い切って『持っていたところで良いことなんて何もない!』と捨ててしまいましょう!

また友達に相談に乗ってもらいたくても部屋が汚いと誘いづらいですよね?そういう意味でもする価値はあると思います。自分で捨てられないのなら友達に言って捨ててもらうなどしてもらったら未練も残りづらいそうですのでおすすめです!ただ自分で決めたことですので捨てた友達を恨むようなことはどうかしないでくださいね!

②気になる人・好きな人を作る

失恋から立ち直る手段としてよくあげられる方法ですが、実際やはり一番効果的な方法だそうです。

失恋したときに社交的な場所に行ったり相談に乗ってもらっていると、他の人からは普段とは何か違っていたりとすぐに違和感を覚えるほどわかりやすい人が多いそうで、そういったときに『この人を放ってはおけない!』と母性が働きやすくなるそうです。

失恋の相談をしていたらその人と付き合う事になったといううらやましいパターンもあるそうですので、自分から行くのが厳しいと思う方も友達にセッティングしてもらって無理やりにでも行くようにしたりするといいかもしれません。早く新しい恋が見つかるといいですね。

③とことん落ち込む

今の自分はおそらく人生のどん底にいる気分ではないでしょうか?もしそうでしたらこの際とことん落ち込みましょう!落ち込むのは当たり前のことですし、その愛が大きければ大きいほどその時のダメージも大きくなります。

あきれるくらい声を出して泣いて辛さを全部外に出してしまいましょう!そうすることで溜めこんでいたものを出せて、一時的にでもスッキリして冷静に物事を整理できるようになります。『こんなに泣いてバカみたいだな』と開き直れるきっかけにつながるかもしれません。

別れた後に相手のことを感謝する方法もあるそうですが、後になっていくとネガティブな思考に陥る人が多いそうですので、とても素晴らしい考えではあるとは思いますがあまり良い方法ではないと思います。

いかがでしたでしょうか?こうやってみていると「友人」の力が大きい気がしました。もちろん私も何回も経験していることですが失恋したときの辛さというのは実際経験してみないとわからないほど悲しいものです。仲間の大切さを再認識できるきっかけにもなりますので、自分では解決できそうにないようでしたら意地を張らないで思いっきり泣いても良いと思います。友人に頼ってみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加