> 恋愛 > 告白成功率が10%アップする!色彩と明暗がもたらす心理作用

告白成功率が10%アップする!色彩と明暗がもたらす心理作用

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.24

好きな人ができて彼女にしたいと思った時にあなたはどんな告白をしますか?あった瞬間にいきなり告白をする人はそんなにはいないはずです。まずは少しずつアプローチをしていって、ある程度の感触をつかんでから告白する人がほとんどでしょう。ここでは告白の成功率を少しでも上げるために有効なシチュエーションの設定方法を紹介していきます。

告白はやや暗めの店で行え!

女性の心理として口説かれるときの照明はやや暗めの方が良いようです。これには理由があって、人はやや暗いところでは心理的なガードがゆるくなります。ですから気になる女性を口説くときや告白するときにはやや暗めの照明が施されている店で行いましょう。

女性好みのムードがある暗さはホテルのバーラウンジ程度と考えてください。告白の成功率アップに貢献する照明ですが、気をつけてほしい点が2つあります。1つは暗すぎると逆に警戒心が高まることを覚えておきましょう。やや暗めと言うのがポイントです。

2つ目はだんだん暗めの場所へ連れて行くことです。最初は明るいカフェやレストランで食事をして、次に少し照明を落としたところでビリヤードやダーツを楽しむのも良いでしょう。そして最終的にバーのようなやや暗めの場所で告白というアプローチをとるのが理想的です。

光が与える心理作用

同じ照明器具でも光によってうけるイメージは違ってきます。自分の部屋に相手を誘うときの参考にしてください。オレンジ=リラックスやくつろいだ雰囲気を作ってくれます。休息モードやリラックスモードを演出したいときにはおすすめです。

ピンク=愛情やムーディーな雰囲気を演出しやすいですが、コーディネートの仕方が難しく一歩間違えるとちゃちな感じを相手に当ててしまいます。

白=昼間の光を連想させる一般的な照明で1番無難な照明ともいえます。青=涼しげな感じやさわやかな感じをつくりだします。女性の肌をきれいに見せる効果もあるといわれており、夏場の照明にはうってつけです。

赤=エネルギーと欲望を発生させる色といわれています。雰囲気によって効果が変わってくる色ともいえます。自分の部屋に相手を誘う時の照明にはやや暗めの間接照明か、リラックス効果の高いオレンジの照明あたりがおすすめでしょう。

告白を行うときには徐々に照明の暗い店へ連れて行き、効果的な告白が出来るように心がけてくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加