> 恋愛 > 1年以上続いている人の特徴とは?恋愛で長続きする3つの秘訣

1年以上続いている人の特徴とは?恋愛で長続きする3つの秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.08

学生のころから付き合っていても大学にいく時に遠距離になって別れてしまったり、社会人になってからお互い忙しくなっていって疎遠になってしまったりと恋愛はうまくいかないことだらけです。

生きるために仕事をすることはとても大切ですが、それでプライベート面が充実していないと無理をさせてしまい身体的にもあまりよくありません!『人生を楽しむ』という意味でもうまく両立をはかっていきたいものですよね。

恋愛を長続きさせるにはどうすればいいのか?

◎会える時には10分でも会うようにする

たとえば1日に1時間会うのと、1週間で10分しか会えないけどほぼ毎日会うのとでは後者の方がより思いが強くなるそうです。これはメールとかでも同じようなことが言えるそうですので「マメな男はモテる」というのもこういうことが関係しているのかもしれません。

また知り合いで結婚した人にその秘訣を聞いてみたところ『遠距離恋愛だったけど週に1回はかならず忙しい時でも会うようにしてた。一緒にいる時間は短かったかもしれないけど、そうすることで相手をより信頼することができた』といった話を聞いたこともあり、会うことの大切さをより感じることができました。

◎本心を出す

付き合う前と付き合った後で態度が変わったという話をよく聞きます。『付き合いたい!』という思いから都合の良い態度をとってしまうのも分かりますが、いつまでもそれが続くはずもなくつい本性が出てしまった時にそのギャップに嫌悪感を抱かれてしまうかもしれません。

相手の理想像になろうと努力するのも大切ですが、負担だと感じているのならさらけ出した方がお互いのためだと思います。その等身大の自分を好きになってもらえればきっと今まで以上の関係を作れるはずです!

◎体力が必要!

持続には何事も体力や行動力が大切です!また気持ちというのは時間がたつにつれて薄れていったり他のものに興味をもつようになります。そうならないためにも休みの日には旅行など思い出を作ったり、受け身の姿勢をとらないで積極的に時間が空けば『今から会わない?』と誘ってみたりと自分のモチベーションも保つようにしてみるといいかもしれません。

『しんどい!』と思うくらいがちょうどいいのかもしれないですね。努力をしている満足感と一緒にいる幸福感を味わうこともできますし、それは相手にもきっと伝わっているはずです!

誕生日などのイベントはかならずお祝いする

誕生日やクリスマスなどのイベントごとが近づくと口には出さなくても意識してしまいます。そこでさりげなくサプライズプレゼントをしてみるとロマンティックで喜んでもらえる人も多いと思います。

特に自分にとって大切な記念日というのは祝ってもらえるととてもうれしいものです。その空間を共有することで、いま以上により親密な関係を築けると思います。

変に駆け引きをしないようにする

付き合う前にメールの返事は少し遅れてからするといった、ちょっとした駆け引きをやった人も多いと思います。しかし付き合ってからはこれは逆効果で、かえって「怒っているのかな?」と誤解を生んでしまうかもしれませんのでメールが来たらすぐ返信するように心がける方がいいと思います。

また忙しくて返事ができなかった時も『手が離せなくて返信遅れた・・・。ごめんね』と相手を気にかけてあげることも大切ですし、ささいなメールのやり取りにも『ありがとう』といった感謝の気持ちを伝えてみるのもいいかもしれませんね!

さいごに

長い間いることでいままで気づかなかった相手の気持ちや考えが見えてくるものもありますので、焦らず時間をかけて関係性を築き上げていってください!お互いにとって成長し合える、そんな恋愛関係を作っていきたいものですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加