> 恋愛 > 恋愛は結構「運」次第。理詰めで考えようとしてはいけない

恋愛は結構「運」次第。理詰めで考えようとしてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.14

かわいい彼女をゲットしたあいつとできない自分、どこが違うの

世の中には、あきらかに不釣合いなカップルとかいますよね。あなたの周りにもいませんか?なんでこんな奴が、あんな可愛い子と付き合ってるんだ!一体、あいつと僕はどこが違うってんだ!あいつにあって僕にないものはなんなんだ!とかね。

そいつと飲む機会でもあって、あなたは、どうしても我慢できなくて聞いてみたりする。
「なあ、お前さあ、一体、あの子をどうやってゲットしたんだよ!催眠術でもかけたのか?」
するとそいつは、ちょっと頭なんか掻きながらドヤ顔で、
「ああ、あの子ね。あれ、あいつから迫ってきたんだよ。あたしと付き合ってえってさ」
そんなことは信じられないので、重ねて聞く。
「なあ、冗談はいいから、本当のことを聞かせてくれよ!どうやったらあんな可愛い子と付き合えるんだよ!」
「ううん、俺もよくわからないなあ。とにかく、気がついたら相手の方が俺にほれてたんだよ。本当だよ、俺別になんにもしてないし」
「(ちくしょー!こいつ、いい女をゲットできたからっていい気になりやがって、とぼけるんじゃないよ!どんな手使ったのか、教えろよ!)」
と、あなたは内心非常に悔しい思いをする。しかし奴は、一体どんな手を使ったんだ!

それは単なる幸運だったかもしれない

さて、奴はどんな手を使ったのか。実は、本当に奴は、ほとんど何にもしなかったのかもしれない。すると、あなたはまた考える。こいつにあって俺にないものってなんなんだろう。別に特に顔や外見や収入や性格やその他のことで、こいつに敵わないなんてこと、全くないし、俺は一体どこをどう改善すれば、あんなふうに可愛い子をゲットできるんだろう。

ずばり言いましょう!あなたと彼の間には、ほとんど違いはありません。あえて言えば、彼女が「好き!抱いて」と言ったのがたまたま自分ではなく、そいつだったってこと。それだけのことです。

じゃあ、女にモテる、好きな子をゲットできる秘訣なんかないじゃん。どう努力しようもないじゃん!と失望させるかもしませんね。それで、もう「恋愛なんてバカバカしい!リア充なんて勝手に滅びろ!俺は世を捨てる」と一切女に関係のない人生を生きる決心をしてみたりしてね。立派な絶食男子の誕生です、

しかし、そうなる前にもうちょっと話を聞いてください。いつも女の子をそばにはべらせて、気が向いた時はエッチもして、楽しく女子といちゃいちゃした生活を実現することは、結構簡単に実現できてしまうことなのです。それも、あなたの心の持ち方ひとつ変えるだけで。

それは、「恋愛の成果とは努力の量に比例しない」という原則を、心から、心の底から身につけることです。恋愛をしたい、つまり、好きな女子から「○○さん、大好きです!付き合ってください!」なんて言われたいけど、そんなこと言われるためには、一体どんなことをしなければならないのだろうか?

ガクトみたいな服を着るべきなのか、福山みたいな声と態度を身につけるべきなのか?いっそ、整形でもした方がいいのか?しかし、ガクト似でも福山似でもないあいつがあんな可愛い子をゲットできた秘訣がどうしてもわからない。

付き合い始めてから、あいつ妙におしゃれな服を着るようになったけど、その前は俺とほとんど変わらない格好してたしさあ。それって女の子と付き合う前だったしなあ。

だから、何度も言いますが、あいつとあなたの間に違いはないのです。あえて言えば、違いは、あいつがその子に出会って、あなたが出会わなかった、ということ。つまり、運ですよ、運。

恋愛には「していい努力」と「しなくていい努力」「してはいけない努力」がある

つまり、自分的には何も努力も改善もしていないけど、たまたま、そういう○○君が好きよ!という可愛い子に出会った。ということに尽きるのです。そこに論理的な理由なんかないのです。そいつは運がよく、あなたに運がなかっただけのこと。

じゃあ、自分磨きとか努力なんか要らないんじゃないか!と思われるかもしれません。そうです、あなたが考えるような「こうすれば女にモテるようになるだろう!」なんて考えてする努力なんてほとんど無意味なんですよ。

じゃあ、全く努力なんかする必要はないのか、というと、そうではない。恋愛には、するべき努力と、しても意味がない努力、そして、してはいけない努力があり、多くの男子は、この3つの努力について、勘違いしているのです。

次回は、この3つの努力について、ひとつひとつ解説していきます。ここの部分、結構、女の子を自由自在に転がすための重要なつぼ。じっくりお話しましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加