> 恋愛 > 貴方の携帯は恋愛リスト?女性に送る恋愛営業メール!

貴方の携帯は恋愛リスト?女性に送る恋愛営業メール!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.24

携帯電話の普及率は物凄いもので、今や誰もが手にしているといっても過言ではないほどですよね。老若男女全ての人が必需品というぐらい携帯電話を所持しており、様々な情報を自身の判断で取捨し、生活の知恵として役立てています。連絡と取る為のツールではなく、総合的な生活を包括しているツールと言えますよね。

ところで皆さんの携帯電話には、女性の登録数はどれくらいありますか?こればっかりはピンキリなのでなんとも言えませんが、ここで言いたいのは、それが恋愛を発生させるリストだという事です。今日はその辺りを色々と思案しながら、ご紹介させて頂きたいと思います。

過去のデータであろうとも消さずに保管する

人生の中では、少なからずとも女性と携帯電話の番号やアドレスなどの女性の連絡先を聞く機会がある。会社の飲み会や友人の紹介、イベントの時の集合時間などの打ち合わせの為の連絡交換などもその中に含まれる。

例えば、自分のお目当ての子がいたとする。でも自身と相手のタイミングが合わない、といった事は必ず出てくる。仕事が忙しい、留学や試験勉強、趣味の発表会を控えている等、その理由は千差万別だ。

また、相手に意中の人がいる場合や彼氏がいるというのも考えられる。どちらかと言うと後者の方が男性からすればしかけにくい所だし、誘い出す機会を逃したりする要因だと思う。ほとんどの人がそれで諦めてしまっているのが現状だと思う。

しかし、本当にそれでいいのだろうか?物事というのは、何でもタイミングが非常に重要・・・。それがビジネスであっても、趣味であっても、恋愛であってもそれは変わらない。

つまり今年が無理でも、来年、または再来年は、女性を手に入れる事が出来る可能性が、かなりの可能性があるという事だ。しかもリストが多ければ多いほどその確率を上げる事が可能だ。すぐに諦めるのは良くない(笑)。営業職で売上を上げる為には、何度もお客様にアプローチしますよね?全くそれと同じです。

仮に相手が「しつこいし、1回だけ行ってみるか」となっても、そこで相手の自分に対する印象を変える事が出来たら・・・。答えは言うまでもないですよね。

相手のタイミングによって答えが変わってくるという事を頭の中においておくだけで、本当に結果が変わってきます。それは全てにおいて共通に言える事なのです。

SNSをフル活用する

では相手のタイミングをどの様にして知ればいいのかですが、普段から良く会う事が出来る人もそうでない人も、同じ方法で情報を入手する事が出来ます。

それは、皆さんが普段から良く利用しているSNSを利用するという事です。つまりはフェイスブックやツイッターやミクシィ、アメブロなどのブログなどを活用するという事ですね。

「なんかストーカーみたいで嫌だな」と感じる人も沢山いると思います。しかし果たして本当にそうでしょか?こちらから不正アクセスして見ている物ではないですよね?

つまり「相手が任意で情報を公開しているもの」という事です。他人に見られたいという意識があるからこそ、自身で手間のかかる登録を済まし、自分でわざわざコンテンツを立ち上げているんです。

そこを考えれば、「見られたい」という願望が存在する事が容易に分かります。またそれによって、どういった価値観で物事を判断しているのか、どういった事が好きなのかなどが見えて来ます。つまり、その人自身の「人格や価値観」がなんとなく分かる訳ですね。

でも、これはあくまで表面的な情報なので、先入観を持つのは危険です。本当にそうなのか?という疑問を持って確信に変えて行く事が重要です。それには色々と思案して実践して行くという事が不可欠ですが、手に入れたいものを手に入れるには努力が必要ですので、頑張りましょう。

タイミングを見て定期的に発信する

騙されたと思って試して頂ければ、必ず何かのレスポンスがあります。例えそれが「返事なし」だとしてもです。何度かこちらから発信しても返事がないという事は、一時的な事が原因ではなく、意図的に返信する気がないと考えられます。

これだけでも相手の状態が分かりますよね?返事がないなどの形が見えにくいものでも、形に変えて行く事が出来る訳です。自分で結果を導いていく訳ですね。

そして最後は必ず「自分に何が足りていないか?」を客観的に振り返る事が重要です。これをしっかり受け止める事で必ず成長でき、そのうち女心をなんとなく分かる様になります。レスポンスだけもらって上手く行かなかったら諦めるではなく、その原因を追究し、次に活かす努力をしていく事が大事なのです。

「何事も継続は力なり」ここで使うと若干違和感がありますが、細かい事は気にせず肉食男子でガンガン行こうぜ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加