> 恋愛 > 恋愛をもっと上手く活かせるために知っておきたい男女の違い その2

恋愛をもっと上手く活かせるために知っておきたい男女の違い その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.04

もっと女性らしく扱って欲しい、もっと男だと思って頼って欲しい、そうした自分の性別が持つ性質のトラブルもあります。もっと女性らしく扱って欲しい人は自分で自分を女性らしく扱っているか、もっと男性らしく扱って欲しい人は自分で自分を男性らしく扱っているかを考えてみると新しい発見があるかもしれません。

小さい頃、女の子なのに男の子のように育てられた人は周りから男だとバカにされるのが嫌で、強がって男らしい振る舞いをしたまま大人になる人もいます。

そうした人はスカートを履いたり女の子らしいファッションに抵抗があり、本当は興味があるのに、落ち着いたボーイッシュなファッションになりがちです。ですが、もっと女性らしく扱って欲しいなら自分で自分は可愛い女の子なんだと認めてあげることが大切です。

恋愛は上手くいくのが当たり前と思える?

自分で自分に当たり前と思っていることは実現しやすく、たとえば恋愛は上手くいって当たり前と思っている人は恋愛に悩むことは少ないようです。ですが、恋愛をもっと頑張ろうとか、もっとモテるようになろうと過度に期待したり、頑張ったり、落ち込んだりすると、上手くいくのは当たり前と思えないためその現実になるようです。

たとえ上手くいっていないような状況でも、上手く行くのは当たり前と思っている人は好奇心を持って対応するでしょうが、やっぱり上手くいかないと思っている人は落ち込んで先に進めないことがあります。さっきの例で言えば、男っぽい女で当たり前と思っている人が可愛い女の子が当たり前と思えないのと同じことです。

女の子らしさを取り戻すためには自分で自分を女の子だと認めることが大切で、「私は可愛い女の子なんだよ」ということを言ってみるのも心の癒しに繋がります。無理に男っぽく振る舞っていた自分を手放して、本来の自分の女の子らしい姿を取り戻すようなイメージです。

これは男性にも言えることで、恋愛を上手く活かせるために小手先のテクニックが通用しない、もっと深い心にアプローチする方法として、そうした手法が使えます。いつまでもノウハウやテクニックを手に入れても理想の姿になれない人は、どこかで自分はそうなって当たり前と思えていないかもしれません。

それらの方法を知って自分はそうなって当たり前と思えるものであれば効果的ですが、いくら沢山集めてテクニックだけが増えても、それを扱う自分が自分を信頼出来ていなければ意味がないのではないでしょうか。

相手がして欲しいことを理解する

たとえば疲れる仕事をして帰ってきたばかりなのに、パートナーは問題ばかり持ちこんで「あれ聞いてこれ聞いて」と言ってくる。それは聞く側としては「休ませてくれよ」と思うかもしれませんし、話す側としては「なんで聞いてくれないの」と思うかもしれません。

ですが、パートナーは何かをして欲しいというよりただ話を聞いて欲しいだけの場合、体は疲れていても聞くことは出来るかもしれません。そうして疲れている時でも相手にどれくらいしてあげられるかは愛を示すポイントで、もちろん疲れて何も出来ないから相手を愛していないというわけではありません。

そして、お互いがして欲しいことを1日1つずつやってあげるというのも相手を理解するのに役立つでしょう。相手がして欲しいだろうと思いこんでいることが外れていたら空回りすることになりますが、相手がして欲しいことを聞くと「えっそんなことして欲しかったの?」と思うものもあるでしょう。

恥ずかしくて言えないことでもしてもらったら嬉しいことがあれば、それをしてあげるだけで今までどうすれば相手が喜んでくれたかと一人で悶々と悩むよりとても簡単で効果があると思います。

自分の頭の中に相手を入れよう

一人で考えがちな男性の場合、女性は話を聞いて欲しいタイプが多いでしょうが、ずっと一人で考えていたい時もあるかもしれません。その時は女性が寂しさを感じて、寂しさを満たすための行動に出やすいのですが、その前に相手と話をするといいでしょう。

自分のして欲しいこと、自分の気持ちを素直に話すことは相手と理解し合える大切なポイントで、それが分からず相手と距離が遠ざかることがあります。一人で考えていたい人の場合、相手と話し合って相手が寂しいようであれば、自分一人の頭の世界に相手の写真を貼ってあることを伝えてみましょう。

いつも自分は相手のことを考えていることが分かると相手は安心し、自分がずっと考え事をしていても繋がっている感覚が持てると思います。こうしたちょっとした違い、気付きで180度変わるのが恋愛で、いつも相手と心が近いとそれだけ愛情を感じあえることが出来るでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加