> 恋愛 > たったこれだけ!いつまでもラブラブな夫婦でいる為にするべき事とは

たったこれだけ!いつまでもラブラブな夫婦でいる為にするべき事とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.23

結婚したら、いつの間にか結婚前のラブラブ状態から覚めてしまって険悪な夫婦になってしまった。なんて言う方も結構いるのでは無いでしょうか。それとは反対に、いつでもラブラブな夫婦もいるのも事実です。どうしてこのような差が生まれてくるのでしょうか。

いつまでも、良い関係を保つ為には、色々と気をつけなければならない点があります。中でも、とっても重要になって来るのが、思いやりをもって接すると言う事です。当たり前の事かもしれませんが、生活して行くと、思いやりというものは、失われていってしまう事もあるのです。

特に、結婚する前から、本当の自分を出さずに隠してきたカップルと言うのは、そうなってしまう可能性が高いと言われています。

結婚する前までは、自分の良い部分だけを見せて入れば良かったのに、結婚をすると、仕事をしてる時間を除き、四六時中一緒にいると言う事になる為、自分を見せられなかった人たちと言うのは、だんだんと余裕が無くなってきてしまい、自分を出す場所を失ってしまったが為に、思いやりをだんだんと持てなくなってしまうのです。

ありのままの自分を出してきたカップルと言うのは、結婚しても今までどおりの自分で良い訳ですし、そこまで変わる事が無い為、そんなには結婚生活と今までの生活のギャップが存在しません。そして、思った事を相手にきちんと伝えられる為、不満を溜め込む事がありません。

不満を溜め込んでしまうと、だんだんと溜め込んだものが大きくなってしまい、発散する場所が無い場合には、抱え込みきれなくなり、相手に当たるなどと言う結果を招くことにもなりかねません。まだ相手に本当の自分を出せてない人は、少しずつでも自分を出して行くと良いでしょう。

そして、一人の時間を作ると言うのも重要になってきます。常に二人でいると、疲れてしまい、喧嘩になってしまう可能性も高くなってしまいます。

一日のうち、数十分でも一人の時間を作る事によって、自分を見つめ直す事ができますし、相手の事を気遣う事が出来るようにもなります。そうしたリフレッシュ出来る時間を持つと言う事も、長い結婚生活においてとても重要になってきます。

相手の趣味をけなすとか、否定するなどと言う事を極力避け、相手の人間性を認めてあげる事もとても重要です。その趣味が、自分には全く理解出来ないものであったとしても、家庭生活に害を及ぼすものでは無い限り、認めてあげるべきでしょう。

趣味を認めて貰う事におって、また相手に優しくなれたりするものです。ゴルフなどに行った帰りにケーキを買って帰るとか言う話は典型的な例なのでは無いでしょうか。

以上ですが、結婚すると、一人で生活してる訳では無いので、相手の事を気遣うと言う事を守り、そして自分を見つめ直す時間を持ち、そして趣味などは否定したりしない事で、よりよい関係を続けていけるのでは無いでしょうか。たったこれだけの事を守るだけで、ラブラブな夫婦でいられるのですから、守らない他無いでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加