> 恋愛 > 何だかんだ言ったって、やっぱ最後にモテるのは面白い男なんでしょ!

何だかんだ言ったって、やっぱ最後にモテるのは面白い男なんでしょ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.13

女性からモテる性格と言われれば、いろいろ思いつきますよね。カッコいい、優しい、お金持ち、などなど。しかしそんな中でも、万人ウケする性格というのは「面白い」と言われる人ではないでしょうか。

何だかんだとお笑い芸人がモテる

面白いプロと言えばお笑い芸人ですが、改めて確認するまでもなく多くの芸人さんが美人女優・モデルとお付き合いし、結婚しています。芸能界には当然イケメンアーティストや俳優が多く存在し、彼女たちも仕事で出会っているはずなのに、その中から選択するのは見た目は「普通」のお笑い芸人なのです。

やはり面白いということは恋愛にはかなりの武器になっているということなのでしょう。しかし面白いというのは「優しい」や「お金がある」のような自分の利益になることでもなく、「カッコいい」のように人に自慢できるものでもありません。どうしてそんな武器になり得るのでしょうか。

一緒にいて楽しい人

基本的なところでは、笑わせてくれるということは「一緒にいて楽しい」ということです。これはずっと一緒にいたいという恋愛感情に照らし合わせれば最重要な要素になります。一緒にいたくない、一緒にいるとストレスを感じてしまうなんて男とは付き合おうと思うことはないのです。

また、「次は何を言ってくれるんだろう?」と期待を持たせることになります。 ノリのいい女性なら「どう面白く返そうか?」とドキドキしながら待っているかもしれません。一緒にいる事がエンターテイメントになっているのです。

本気笑いは心を開くという事

愛想笑いでなく本気で笑っている時というのは、素を見せて心をどんどん開いている状態です。そうなると別に笑いを求める話題ではなくても、一つ一つの言葉が心に届きやすくなります。それが相談事であったり、恋心の告白だったりすると効果てきめんです。

恋愛に関する事でなくても、例えば営業先でのお客様との会話でも本題に入る前に世間話で場を和ませる事があります。それのさらに強力なのが笑いなのです。

決め手はギャップ

面白いと言われる男でも、24時間ずっと面白い事を喋っている・やっているわけではありません。やっぱり真面目な話もするし真面目に仕事もしているはずです。

元々真面目な人が、真面目な話をしたり真面目に仕事をしてもそれは何とも思いませんよね。だって真面目なんですから。しかしいつもはふざけて笑いを取っている男が真面目に話しだすと、人はそのギャップに過剰評価してしまう傾向があります。

性格が真面目な皆さんにはかなり理不尽なことですが、心理学的に人は無意識のうちに比較で物事を評価する“相対評価”を行ってしまうのです。

初対面での鉄板ネタを準備しよう

ということで、やはり男は面白いにこした事はないのです。ただ、いつでも面白いというのは性格や才能とも関係しているので難しいかもしれません。そこでとりあえずは初対面のときに心を開いて話をしてくれるよう、一ネタ、二ネタは確実にウケる鉄板ネタを用意しておきましょう。第一印象が良ければあとは楽なものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加