> 恋愛 > 男性の思いやりは女性に伝わらないことが多いのはなぜ!?~前編~

男性の思いやりは女性に伝わらないことが多いのはなぜ!?~前編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.24

男性が「心配させないように」といった配慮からやった行為が女性に全く伝わらないどころか、迷惑だったり喧嘩になったりする事があるようです。そんな所から「女心はわからない」なんて呟いている声をよく聞きます。

私の旦那様が男性の代表といえるかどうかは定かではありませんが、なぜ男性の思いやりは女性に伝わらないのか考えてみたいと思います。

男はその場限り?女は先の先まで考えている?

私の旦那様は、思いつきの思いやりが多いのです。そして「なんて優しい夫なんだ!」といつも自己満足しています。基本的に単純で愛される性格だとは思いますが、総合的に先まで見ていないのですね。仕事ではそれなりに評価され総合的に先の先まで読んでされているのにどうしてできないのか不思議でなりません。

一方、女性は、直感的に全体を見て先の先まで予測して行動しています。そもそも主婦は夫の帰ってくる時間に夕食の用意ができているように逆算して動くのです。1日の時間を総合的にとらえています。その場その場の直感で動いていたら家事はできないからです。子育てだって同じなのです。

男性の思いやりはわかりますが、悲しいかな時にははた迷惑な事が多い事もあるのです。それもまた嬉しいんですけど!実例を挙げて解説しましょう。

我が家の旦那様は女心がわからない?

まず、一番声を大にして指摘したいのは、最近テレビでも流行っている「男の料理」です。我が家の旦那様は、毎週日曜日にテレビ東京・大阪で放送されている国分太一さんと栗原心平さんの「男子ごはん」を見て、会社がお休みの土日に時々昼食・夕食をつくってくれます。

我が旦那様の場合、「男子ごはん」と全く同じレシピではなく、冷蔵庫にあるもので「男子ごはん」もどきをつくるのですが、これがなかなか美味なのです!そして食事の後片付けまでしてくれて完璧です!

ところが、旦那様の料理の後のキッチンは何だか油臭い?そこでよく見るとコンロも壁も油汚れが激しいし、とにかく油のハネが信じられない所までダイナミックに飛んでいます。シンクも水浸しだし、もう・・・トホホです。

そして、何といっても美味しい料理の後なので控え目に文句を言って、「これからはきれいに料理してね!」といった感じでお願いしてみるのですが、「だって『男子ごはん』なんだもん!ダイナミックに行かないと♪」・・・ニコニコです。

「男はキッチン汚してもいいのか!」とこの笑顔には怒りさえ覚えます。料理の美味しさもぶっ飛ぶ汚しっぷりなのです。「男子ごはん」もいいけどきれいに後片付けして欲しいものです。後片付けまでが家事なんですよ。

また、この間私が前から欲しかったブランドバッグを主人が誕生日に買ってくれました。それは私も嬉しくて大感激でした。「お金どうしたんだろう?」と素朴な疑問もありましたが、お小遣いを多めにあげていたので貯金してくれていたのかと思っていました。

翌月、体の強い旦那様が体調を崩しました。3連休寝込んでしまったのです。病名は「夏バテ・熱中症」でした。「水筒も持って行っていたし、研究職の旦那様は室内業務、それなのになぜ?」と不思議でたまりませんでした。でもよくよく聞くとお昼を毎日抜いていたのだとか。

理由は私のバッグを買ったおかげでお小遣いが無くなったのです。ちょっと太めだった旦那様はダイエットを兼ねてお昼を抜いていたのだとか。自分の体力を過信しすぎです。この暑い夏にただでさえ体力が必要だというのに昼を抜いてどうする?・・・・まさにトホホです。

バッグは嬉しいけど、「病気になってどうするの!」ですよね。救急病院の治療費と入院代の方が高くつきました。倒れた時は心配のあまり本当に動揺しましたが、「夏バテと軽い熱中症」とわかった時は腹が立ちました。

熱中症に腹が立ったわけではないですよ。昼を抜いた結果夏バテ状態となった事に腹が立ったのです。体力が弱っていると夏バテになりやすいのは当然です。

病気になるくらいならバッグなんていらないのに、いつも「お昼だけは抜かないで!」と言っているのに、と怒り爆発で喧嘩になりました。ところが、悪びれもせず、「歳かなぁ~このくらいでバテるなんて・・・」といった感じです。気持ちは嬉しいけど、この暑い時に東北の人間が昼を抜くなんてあり得ませんよね。

私が美容院代や欲しい物を我慢しても今まで旦那様のお小遣いを確保していたのがバカみたいです。私の気持ちがわかってないですよね。旦那は「もっと自分の物を買えばいいのに」と思ったそうです。心配で嬉しさもぶっ飛びましたよ。

美容院に行ってもお化粧を変えても、お洒落をしてもいつも何にも気付かない我が旦那様。女性はこれらのことに気付くだけで嬉しいものなんですよ。大きなプレゼントも嬉しいですが、それはもっと計画的にやってほしいものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加